Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud Infrastructure

概要

Oracle Cloud Infrastructure (OCI) は、エンタープライズ規模の企業で使用されるInfrastructure-as-a-Service (IaaS) および Platform-as-a-Service (PaaS) です。ホスティング、ストレージ、ネットワーキング、データベースなどのマネージドサービスの完全なスイートを備えています。

新しいインテグレーションにより、OCI ユーザーはすべてのログを Datadog に直接ストリーミングでき、そこで無期限に保存し、トラブルシューティングのために分析し、セキュリティとコンプライアンスの姿勢を監視できます。

セットアップ

ログの収集

次のいずれかのプロセスに従って、Oracle Cloud Infrastructure から Datadog にログを送信します。

  1. OCI ログを構成します。
  2. OCI 関数を作成します。
  3. OCI サービスコネクタを設定します。

以下の手順では、OCI ポータルを使用してインテグレーションを設定します。

OCI ロギング

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Logging -> Log Groups に移動します。
  2. Create Log Group をクリックして、Create Custom Log ページに移動します。
  3. Compartment name を選択します。この選択は、インストール全体で一貫しています。
  4. Name として “data_log_group” を使用し、選択した Description を入力します。
  5. Create をクリックして、新しいロググループを設定します。
  6. Solutions and Platform -> Logging -> Logs に移動します。
  7. Enable Service Log をクリックします。
  8. Select Resource で、Compartment、ログを収集する Service、およびそのサービスに属する Resource を選択します。
  9. Configure Log で、Log Catagory として “Write Access Events” を選択し、選択した Name を入力します。
  10. Enable Log をクリックして、新しい OCI ログを作成します。

OCI ログの詳細については、Oracle のログドキュメントを参照してください。

OCI 関数

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Developer Services -> Functions に移動します。
  2. 既存のアプリケーションを選択するか、Create Application をクリックします。
  3. アプリケーション内に新しい OCI 関数を作成します。詳細については、Oracle の関数のドキュメントを参照してください。
  4. 最初にボイラープレート Python 関数を作成し、自動生成されたファイルを Datadog のソースコードに置き換えることをお勧めします。

OCI サービスコネクタハブ

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Logging -> Service Connectors に移動します。
  2. Create Connector をクリックして、Edit Service Connector ページに移動します。
  3. ロギングとして Source を選択し、関数として Target を選択します。
  4. Configure Source Connection で、Compartment nameLog GroupLog を選択します。(最初のステップで作成された Log GroupLog)
  5. Audit Logs も送信する場合は、+Another Log をクリックし、同じ Compartment を選択して、Log Group として “_Audit” を置き換えます。
  6. Configure Target Condition で、Compartment nameFunction ApplicationFunction を選択します。(前のステップで作成された Function ApplicationFunction)
  7. ポリシーを作成するように求められたら、Create をクリックします。
  8. Save Changes をクリックして、サービスコネクタの作成を完了します。

OCI オブジェクトストレージの詳細については、Oracle のサービスコネクタのドキュメントを参照してください。

  1. OCI ログを構成します。
  2. OCI オブジェクトストアを作成し、OCI ログの読み取り/書き込みアクセスを有効にします。
  3. OCI 関数を作成します。
  4. OCI イベントを設定します。

以下の手順では、OCI ポータルを使用してインテグレーションを設定します。

OCI ロギング

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Logging -> Logs に移動します。
  2. Create Custom Log をクリックして、Create Custom Log ページに移動します。
  3. 新しい OCI ログに名前を付けます。
  4. CompartmentLog Group を選択します。この選択は、インストール全体で一貫しています。
  5. Create Custom Log をクリックして、Create Agent Config ページに移動します。
  6. Create new configuration をクリックします。
  7. 新しいコンフィギュレーションに名前を付けます。コンパートメントは事前に選択されています。
  8. グループタイプを Dynamic Group に設定し、グループを既存のグループの 1 つに設定します。
  9. 入力タイプを Log Path に設定し、希望の入力名を入力して、ファイルパスに “/” を使用します。
  10. Create Custom Log をクリックすると、OCI ログが作成され、ログページで利用できるようになります。

OCI ログの詳細については、Oracle のログドキュメントを参照してください。

OCI オブジェクトストレージ

  1. OCI ポータルで、Core Infrastructure -> Object Storage -> Object Storage に移動します。
  2. Create Bucket をクリックして、Create Bucket フォームに移動します。
  3. ストレージ階層に Standard を選択し、Emit Object Events をチェックします。
  4. 好みに応じてフォームの残りの部分に記入します。
  5. Create Bucket をクリックすると、バケットが作成され、バケットリストで利用できるようになります。
  6. アクティブなバケットリストから新しいバケットを選択し、リソースの下の Logs をクリックします。
  7. read を有効に切り替えると、Enable Log サイドメニューが表示されます。
  8. CompartmentLog Group を選択します (OCI ログと同じ選択を使用します)。
  9. Log Name の名前を入力し、希望するログ保持を選択します。

OCI オブジェクトストレージの詳細については、Oracle のオブジェクトストレージのドキュメントを参照してください。

OCI 関数

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Developer Services -> Functions に移動します。
  2. 既存のアプリケーションを選択するか、Create Application をクリックします。
  3. アプリケーション内に新しい OCI 関数を作成します。詳細については、Oracle の関数のドキュメントを参照してください。
  4. 最初にボイラープレート Python 関数を作成し、自動生成されたファイルを Datadog のソースコードに置き換えることをお勧めします。

OCI イベント

  1. OCI ポータルで、Solutions and Platform -> Application Integration -> Event Service に移動します。
  2. Create Rule をクリックして、Create Rule ページに移動します。
  3. イベントルールに名前と説明を付けます。
  4. 条件を Event Type*、サービス名を **Object Storage**、イベントタイプを **Object - Create** として設定します。
  5. アクションタイプを Functions として設定します。
  6. 関数コンパートメントが、OCI ログ、OCI バケット、および OCI 関数に対して行った選択と同じであることを確認します。
  7. 関数適用と関数を選択します (前のインストール手順に従って)。
  8. Create Rule をクリックすると、ルールが作成され、ルールリストで利用できるようになります。

OCI オブジェクトストレージの詳細については、Oracle のイベントのドキュメントを参照してください。