OpsBridge

Supported OS Linux Windows

概要

ZigiOps は、最も柔軟でコード不要のインテグレーションプラットフォームです。ZigiOps 製品は、お客様のビジネスが IT 環境における問題をこれまで以上に迅速に特定し、報告し、解決することを支援します。ZigiOps をソフトウェアエコシステムに統合することで、ITSM、ITOM、DevOps のための一般的な企業向けソフトウェアツール (Jira、ServiceNow、VMware vROps、Micro Focus Ops Bridge、BMC、チャーウェル、スプランク、その他) に接続することが可能です。

ZigiOps による Datadog – Micro Focus OBM インテグレーション

ZigiWave Datadog - OpsBridge のインテグレーションにより、OpsBridge からインシデントを抽出し、Datadog に入力することができます。ZigiOps は、インシデントの概要、検出方法、深刻度、ステータスなど、すべてのフィールドを同期します。このインテグレーションは双方向なので、Datadog または OpsBridge のいずれかに更新があると、ZigiOps は自動的にその更新を関連システムに送信します。

Datadog オートディスカバリーは、OpsBridge データベースにないものの、監視が必要なホストを検出します。ZigiOps は、ホスト情報を取得して OpsBridge RTSM にレポートし、Datadog からのデータでトポロジー情報をリッチ化します。トポロジーは、ZigiOps による定期的なチェックで最新に保たれます。

ZigiOps は、Datadog のイベントを収集し、イベントとして OpsBridge に報告します。 このプラットフォームは、メトリクスやトポロジーなど、関連するホストの詳細をすべて同期します。

ZigiOps は Datadog のメトリクスを収集し、関連するホスト情報とともに MF Operations Connector にレポートします。これらのメトリクスは、OpsBridge Performance Perspective からアクセスでき、ダッシュボードの構築に使用することができます。

このインテグレーションにより、IT 運用チームは OpsBridge インフラストラクチャーを俯瞰的に把握し、問題が現実の問題となる前に検出できるようになります。

トポロジー、メトリクス、イベント、インシデント

ZigiOps では、Datadog - Micro Focus OBM インテグレーションの 4 つのユースケースに対して、完全にカスタマイズ可能なインテグレーションテンプレートを提供しています。このテンプレートにより、ユーザーはデータの流れを素早く確認し始めることができます。ユーザーは、テンプレートで提供されるデータマッピングとフィルターを、ユースケースに合わせて変更することができます。現在利用できるテンプレートは、OpsBridge イベント - Datadog インシデント、Datadog イベント - OpsBridge イベント、Datadog メトリクス - OBM メトリクス、Datadog ホスト - OBM トポロジーです。ユースケースがこれらのテンプレートのどれにも当てはまらない場合、ゼロから独自のインテグレーションを作成することもできます。インテグレーションコンサルタントが、その方法を指導します。

サポート

ZigiWave は、ユーザーの皆様に最高のカスタマーエクスペリエンスを提供することに専念しています。 既存ユーザーの方は、support.zigiwave.com からチケットを送信していただくか、弊社チームまでメール (support@zigiwave.com) をお送りください。


このアプリケーションは Marketplace から入手でき、Datadog テクノロジーパートナーによってサポートされています。このアプリケーションを購入するには、こちらをクリックしてください。