Supported OS Windows

インテグレーションバージョン4.5.0

概要

このチェックは、Windows Service の状態を監視し、サービスチェックを Datadog に送信します。

セットアップ

インストール

Windows Service チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。Windows ホストに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

構成は、Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダ内の windows_service.d/conf.yaml ファイルに格納されています。利用可能なすべての構成オプションについては、windows_service.d/conf.yaml のサンプルを参照してください。コンフィギュレーションファイルの編集が終わったら、Agent を再起動して新しい構成を読み込んでください。

チェックは、システム上のすべてのサービスを監視するか、または名前によっていくつかのサービスを選択的に監視することができます。Agent バージョン 7.41 以降では、スタートアップタイプに基づいて監視するサービスを選択することができます。

この構成例では、DnscachewmiApSrv サービスのみを監視します。

instances:
  - services:
    - dnscache
    - wmiapsrv

この例では、ALL キーワードを使用して、ホスト上のすべてのサービスを監視します。ALL キーワードを使用すると、インスタンス内の他のパターンは無視されます。

instances:
  - services:
    - ALL

チェックでは、サービス名のマッチングに大文字と小文字を区別しない Python 正規表現を使用します。サービス名に特殊文字が含まれている場合、特殊文字を \ でエスケープする必要があります。例えば、MSSQL$CRMAWSMSSQL\$CRMAWS に、Web Server (prod)Web Server \(prod\) になります。サービス名パターンは、そのパターンで始まるすべてのサービス名にマッチします。完全に一致させるには、正規表現 ^service$ を使用します。

サービス名は、表示名フィールドではなく、サービス名フィールドに表示されるように記述してください。例えば、表示名 Datadog Agent ではなく、サービス名 datadogagent を構成します。

Datadog Agent service properties

Agent バージョン 7.41 から、チェックはスタートアップタイプに基づいて監視するサービスを選択できるようになりました。 例えば、automatic または automatic_delayed_start のスタートアップタイプを持つサービスのみを監視するには

instances:
  - services:
    - startup_type: automatic
    - startup_type: automatic_delayed_start

startup_type に指定できる値は以下の通りです。

  • disabled
  • manual
  • automatic
  • automatic_delayed_start

タグ

このチェックでは、各サービスチェックに Windows サービス名を windows_service:<SERVICE> タグで自動的にタグ付けします。タグ内の <SERVICE> 名は小文字を使用し、特殊文字はアンダースコアに置き換えられます。詳しくは、タグの概要を参照してください。

注: また、このチェックでは、service:<SERVICE> タグ内の各サービスチェックに、Windows サービス名を自動的にタグ付けします。この動作は非推奨です。Agent の将来のバージョンでは、チェックがこのタグを自動的に割り当てることはありません。このタグを自動的に割り当てないようにし、関連する非推奨の警告を無効にするには、disable_legacy_service_tag オプションを設定します。サービスに service タグを割り当てる方法については、タグの割り当てを参照してください。

Agent バージョン 7.40 以降、チェックはサービスのスタートアップタイプを示すために、各サービスチェックに windows_service_startup_type:<STARTUP_TYPE> タグを追加できます。各サービスチェックにこのタグを含めるには、windows_service_startup_type_tag オプションを設定します。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで windows_service を探します。

収集データ

メトリクス

Windows Service チェックには、メトリクスは含まれません。

イベント

Windows Service チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

windows_service.state
Returns OK if the windows service is in Running state, CRITICAL if it is Stopped, UNKNOWN if it is Unknown, and WARNING for the other service states.
Statuses: ok, warning, critical, unknown

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

サービス権限

サービスが存在し、構成と一致しているにもかかわらず、Datadog Agent がそのサービスのサービスチェックを報告しない場合、Datadog Agent の権限が不十分である可能性があります。例えば、デフォルトでは、Datadog Agent は NTDS Active Directory Domain Services サービスへのアクセス権を持っていません。これを確認するには、昇格した (管理者として実行する) PowerShell シェルからチェックを実行します。

& "$env:ProgramFiles\Datadog\Datadog Agent\bin\agent.exe" check windows_service

出力にサービスが存在する場合、権限が問題になります。Datadog Agent に権限を与えるには、Datadog Agent Userサービスの Read アクセスを許可してください。Windows Update を経ても権限が持続するように、グループポリシーで Read アクセスを許可する ことをお勧めします。

その他の参考資料