Windows Services

Supported OS Windows

Integrationv4.3.0

概要

このチェックは、Windows Service の状態を監視し、サービスチェックを Datadog に送信します。

セットアップ

インストール

Windows Service チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。Windows ホストに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

  1. Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの windows_service.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル windows_service.d/conf.yaml を参照してください。

  2. サービス名は、表示名ではなくservices.msc プロパティフィールドに表示されているものを入力してください。スペースを含む名前の場合は、"Windows Service" のように名前全体を二重引用符で囲みます。: Datadog では、スペースはアンダースコアに置き換えられます。

  • サービス名に特殊文字 (例: MSSQL$CRMAWS) を含む場合は、\特殊文字をエスケープする必要があります。サービス名は構成で MSSQL\$CRMAWS のようになるはずです。
  1. Agent を再起動します

メトリクスの収集

Windows Service チェックではカスタムメトリクスを送信することができますが、これはお客様の課金に影響します。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで windows_service を探します。

収集データ

メトリクス

Windows Service チェックには、メトリクスは含まれません。

イベント

Windows Service チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

windows_service.state
Returns OK if the windows service is in Running state, CRITICAL if it is Stopped, UNKNOWN if it is Unknown, and WARNING for the other service states.
Statuses: ok, warning, critical, unknown

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料