Google Eventarc

概要

Datadog のイベントを Eventarc に送信して Google サービスに配信し、Datadog のモニター通知で Eventarc 主導のワークフローを開始できるようにします。

セットアップ

  1. 通知を受け取る各 GCP プロジェクトに、メインの GCP インテグレーションがインストールされていることを確認します。

  2. Google Cloud Console で Eventarc チャネルの作成を行います。

  3. Datadog アプリケーション内で、以下の例に示すような構文を使用して、モニターの通知セクションにチャンネル名とアクティベーショントークンを設定します。

Datadog モニター構成ページの say what's happening セクションに、タイトル HDD Disk Size Above Capacity と、通知本文に以下の例の eventarc チャンネルを送信する行があります: The alert notification will be sent to @eventarc-datadog-sandbox_us-central1_my-channel that will trigger Cloud Function: Bump Quota

検証

インテグレーションが有効になると、Google Cloud Console でチャンネルが Pending から Active になります。

自動化されたアクション

GCP Eventarc インテグレーションを使用して、モニター用の新しい送信通知チャンネルを設定し、自動化されたアクションを開始することができます。自動化されたアクションを使用すると、GCP リソースを構成して以下のことを行うことができます。

  • Datadog のモニターを使用して Eventarc ワークフローをキックオフする
  • Google 内で、Cloud Functions、BigQuery などを Datadog のモニターにリンクさせる
  • アラートイベント内の情報を使用して、自動修復パイプラインやランブックの実行、分析クエリの実行などを行う

ターゲットにできるリソースの完全なリストは、GCP ドキュメントにあります。

収集データ

メトリクス

Google Eventarc インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

Google Eventarc インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

Google Eventarc インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: