Botprise
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

Botprise

Crawler Crawler

Linux Mac OS Windows OS Supported

概要

Botprise の Datadog インテグレーションを使用すると、Webhook を使用して生成された Botprise イベントを Datadog に送信できます。これにより、アプリケーションの監視および Botprise が正常に機能していることを確認できます。

image-datadog-botprise-events

セットアップ

Botprise-Datadog インテグレーションを使用するには、Botprise ユーザーである必要があります。Botprise の詳細については、[https://www.botprise.com/][10] にアクセスしてください。

インストール

コンフィギュレーション

  1. ラボデバイスに Datadog Agent をインストールします。
  2. インストールが完了すると、デバイスから Datadog へのデータ送信が開始します。データは、Datadog ホストリストで確認できます。
  3. Datadog で、各ホスト用のモニターを作成します。モニターの規則に基づき、Datadog でアラートが作成されます。
  4. 各モニターのメトリクスおよび対応する閾値を構成します。
  5. 受信する各アラートに対し ServiceNow チケットを作成するようモニターのコンフィギュレーションを調整します。
  6. Datadog Rest API を呼び出すための API キーとアプリケーションキーを生成します。

収集データ

メトリクス

Botprise インテグレーションは、メトリクスを提供しません。

サービスのチェック

Botprise インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

イベント

すべてのイベントが Datadog のイベントストリームに送信されます。

コンフィギュレーション

Datadog API を使用するには、API キーとアプリケーションキーを入力する必要があります。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。