マルチオーガニゼーションアカウントの管理
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

マルチオーガニゼーションアカウントの管理

1 つの親オーガニゼーションアカウントから複数の子オーガニゼーションを管理できます。通常、これは、顧客どうしが互いのデータにアクセスできない、マネージドサービスプロバイダーによって使用されます。親オーガニゼーションや複数の子オーガニゼーションにユーザーを追加し、ユーザーアカウント設定メニューで切り替えることができます。

アカウント設定 (ホワイトリスト済みの IP アドレスなど) は、親オーガニゼーションから子オーガニゼーションへ継承されません。

マルチオーガニゼーションアカウント機能は、デフォルトでは有効になりません。有効にするには、Datadog のサポートチームにご連絡ください。

2 分間のビデオをご覧ください。


子オーガニゼーション

作成

  1. 機能を有効にしたら、New Account Page にアクセスします。
  2. 作成する子オーガニゼーションの名前を入力し、Create ボタンをクリックします。子オーガニゼーション名は最大 32 文字です。

新しい子オーガニゼーションは、14 日間無料トライアルアカウントとして作成されます。オーガニゼーションのアカウント設定で、課金プランを変更できます。子オーガニゼーションの課金を親オーガニゼーションの課金アカウントに追加する必要がある場合は、営業担当者にお問い合わせください。

内容

ベースラインのダッシュボードとモニターを使用して新しいサブオーガニゼーションをオンボードするには、Datadog API と Terraform などのツールをプログラムで使用します。『Terraform を使用した Datadog の管理』を参照してください。さらに、スクリプトを使用して、既存のダッシュボードモニターをコードとしてバックアップできます。

カスタムサブドメイン

カスタムサブドメイン機能は、デフォルトでは有効になりません。有効にするには、Datadog のサポートチームにご連絡ください。

複数のオーガニゼーションに属しているユーザーには、カスタムサブドメインを使用すると、アラートや通知のソースを特定するために便利です。そのようなユーザーをサブドメインに関連付けられているオーガニゼーションに即座に切り替えることもできます。

たとえば、URL https://app.datadoghq.com/event/event?id=1 がオーガニゼーション A のイベントに関連付けられています。オーガニゼーション A とオーガニゼーション B のメンバーであるユーザーが、現在オーガニゼーション B のコンテキストで Datadog を表示している場合、上の URL は 404 Not Found error を返します。その場合は、[ユーザーアカウント設定メニュー][10]を使用してオーガニゼーション A に切り替えてから、URL に再度アクセスする必要があります。一方、カスタムサブドメインを使用し、https://org-a.datadoghq.com/event/event?id=1 にアクセスすれば、自動的にユーザーのコンテキストがオーガニゼーション A に切り替わり、正しいページを表示することができます。

SAML のセットアップ

マルチオーガニゼーション用に SAML を構成するには、以下の手順に従います。

  1. 別のユーザー名/パスワードを使用して別のユーザーとして新しいオーガニゼーションを作成します。
  2. SAML ユーザーを招待します。
  3. SAML ユーザーとしてログインし、SAML を設定します。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: