関連するログがトレース ID パネルに表示されない

概要

トレースパネルには、トレース、ホスト、および相関ログに関する情報が表示されます。

空のログセクションを表示するトレースの詳細画面

トレースに現れるログは 2 種類あります。

  • host: トレースの時間枠内で、トレースのホストからのログを表示します。
  • trace_id: 対応するトレース ID を持つログを表示します。
トレースのログドロップダウンメニューにトレース ID とホストオプションが表示されます

トレースパネルの Logs セクションが空になることがあります。このガイドでは、この問題を解決する方法を説明します。

ホストオプション

host オプションの Log セクションが空の場合、Log エクスプローラーに移動し、以下の条件を確認します。

  1. ログがトレースを出したホストから送信されている。
  2. トレースの時間枠内にそのホストのログがある。
  3. ログのタイムスタンプが正しく設定されている。詳しくは、ログに期待したタイムスタンプが表示されないをご覧ください。

Trace_id オプション

もし Log セクションが trace_id オプションに対して空の場合、ログに標準的な trace_id 属性があることを確認してください。ログに trace_id が含まれていない場合、以下を行うためにトレースとログの相関付けを行ってください。

  1. ログ属性に含まれるトレース ID を抽出します。

  2. この属性を予約された trace_id 属性にリマップします。

    JSON ログの場合、ステップ 1、2 は自動で行われます。トレーサーは、トレーススパンの ID をログに注入し、これらは予約属性リマッパーによって自動的にリマップされます。

    このプロセスが期待通りに動作しない場合、トレース ID を含むログ属性の名前が dd.trace_id であることを確認し、その属性が予約属性の Trace ID セクションに正しく設定されていることを検証してください。

    Trace Id セクションがハイライトされた JSON ログの前処理ページ

    生のログ (特定の言語の ログインテグレーションを使ってログを収集している場合) については、source 属性に javapythonruby などの言語を設定します。インテグレーションは、トレースとログを自動的に相関付けます。

    この例では、Java インテグレーションパイプラインを紹介します。

    Trace Id リマッパーがハイライトされた Java ログパイプライン

    ログのフォーマットがインテグレーションパイプラインによって認識されていない可能性があります。この場合、パイプラインを複製し、パーストラブルシューティングガイドに従って、パイプラインがログ形式を受け入れることを確認します。

    ログを収集するためのインテグレーションを使用していない生のログの場合

    1. カスタムパースルールが、次の例のように、トレーススパンの ID を文字列として抽出することを確認してください。

      サンプルログ、パースルール、抽出セクションでトレース ID がハイライトされたカスタムパーサー
    2. そして、抽出した属性にトレースリマッパーを定義して、ログの公式トレース ID にリマップします。

ID が正しく挿入され、ログにリマップされると、トレースパネルでトレースと相関のあるログを見ることができます。

関連するログを含むログセクションを表示するトレースページ

その他の参考資料