ウェブサービスの最も遅いエンドポイントで最も遅いトレースをデバッグする
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

ウェブサービスの最も遅いエンドポイントで最も遅いトレースをデバッグする

所要時間 3 分

Datadog APM を使用すると、エンドポイントのパフォーマンスを簡単に調査して遅いリクエストを特定し、レイテンシー問題の根本原因を調査できます。上記の例では、E コマースチェックポイントのエンドポイントについて、1 日のうちで最も遅いトレースと、CPU 使用率が高いためにそのトレースが遅くなっている様子を示しています。

  1. Services ページを開きます

    このページには、 Datadog APM で利用可能なインスツルメント済みの全サービスの一覧が表示されます。キーワードによる検索、env-tag によるフィルター設定、タイムラインの設定が可能です。

  2. 関連性があるアクティブなウェブサービスを検索し、そのサービス詳細画面を開きます

ここでは、テクノロジースタックのプライマリサーバーであり、サードパーティのサービスへのコールのほとんどを制御しているウェブストアサービスを例として使用しています。




スループット、レイテンシー、エラー率に関する情報のほか、サービス詳細画面では、サービスで特定されたリソース (API エンドポイント、SQL クエリ、ウェブリクエストなどの主なオペレーション) の一覧も確認できます。
  1. リソース表を p99 レイテンシーで並べ替え、最も遅いリソースをクリックして開きます。 : p99 レイテンシーの列が表示されていない場合は、歯車アイコン Change Columns をクリックして p99 に切り替えます。

    Resource ページには、スループット、レイテンシー、エラー率、リソースからの各ダウンストリームサービスにかかった時間の内訳など、このリソースに関する上位のメトリクスが表示されます。また、リソースをパススルーする特定のトレースや、このトレースを構成するスパンの集計ビューも確認できます。

  2. 時間フィルターを 1d One Day に設定します。トレース表までスクロールダウンし、期間で並べ替え、表の一番上のトレースにマウスを合わせ View Trace をクリックします

    これはフレームグラフと関連情報です。トレースの各ステップの時間と、エラーの有無を確認でき、遅いコンポーネントやエラーを起こしやすいコンポーネントを特定するのに便利です。フレームグラフでは、拡大、スクロール、調査が可能です。フレームグラフの下には、関連するメタデータ、ログ、ホストの情報が表示されます。

    フレームグラフは、エラーが発生しているスタックや、非常に遅いスタックを正確に特定するのに最適です。エラーは赤くハイライト表示され、時間は横向きスパンで表されます。つまり、非常に長いスパンが遅いスタックということになります。フレームグラフの活用については、トレースビューガイドを参照してください。

    また、フレームグラフの下には、すべてのタグ (カスタムタグを含む) が表示されます。ここから、関連するログ (ログをトレースに接続してある場合) を確認したり、CPU の使用率やメモリの使用量など、ホストレベルの情報を確認したりできます。

  3. Host タブをクリックして開き、リクエストがヒットしていた間の下層のホストの CPU とメモリのパフォーマンスを調査します。

  4. Open Host Dashboard をクリックして、ホストに関するすべての関連データを表示します。

Datadog APM では、インフラストラクチャーメトリクスやログなど、他の Datadog のメトリクスや情報がシームレスに統合されています。フレームグラフを使用すればこのような情報や、トレースと一緒に送信しているあらゆるカスタムメタデータを利用できます。

その他の参考資料