Datadog Lambda 拡張機能

Slack License

注: このリポジトリには、Datadog Lambda 拡張機能に関連するリリースノート、問題、説明、スクリプトが含まれています。この拡張機能は、Datadog Agent の特別なビルドです。ソースコードはここにあります。

Datadog Lambda 拡張機能は、AWS Lambda 関数の実行中に非同期にカスタムメトリクス、トレース、ログを送信することをサポートする AWS Lambda 拡張機能です。

インストール

インストール手順に従って、Datadog で関数の拡張メトリクス、トレース、ログを表示します。

構成

構成手順に従って、テレメトリーにタグを付け、リクエスト/レスポンスペイロードをキャプチャし、ログやトレースから機密情報をフィルタリングまたはスクラブする、などの操作を行います。

オーバーヘッド

Datadog Lambda 拡張機能を初期化する際には、Lambda 関数のコールドスタート (init の実行時間が増加) に多少のオーバーヘッドが発生します。Datadog は Lambda 拡張機能のパフォーマンスを継続的に最適化しているため、常に最新のリリースを使用することをお勧めします。

Lambda 関数の報告期間が長くなっていることに気づくかもしれません。これは、Datadog Lambda 拡張機能が Datadog API にデータをフラッシュバックする必要があるためです。拡張機能がデータをフラッシュするのに費やした時間は、期間の一部として報告されますが、それは AWS が関数の応答をクライアントに返したに行われます。言い換えれば、追加された期間は、Lambda 関数を遅くすることはありません。技術的な情報については、こちらの AWS ブログポストを参照してください。Datadog 拡張機能によって追加された期間を除外して関数の実際のパフォーマンスを監視するには、 aws.lambda.enhanced.runtime_duration というメトリクスを使用します。

デフォルトでは、拡張機能は各呼び出しの最後にデータを Datadog に送り返します。これにより、トラフィックの少ないアプリケーション、cron ジョブ、および手動テストからの散発的な呼び出しに対するデータ到着の遅延を回避できます。拡張機能が安定した頻繁な呼び出しパターン (1 分に 1 回以上) を検出すると、複数の呼び出しからデータをバッチ処理し、期限が来た呼び出しの最初に定期的にフラッシュを行います。これは、関数が頻繁に呼び出されるようになるほど、呼び出しごとの平均実行時間のオーバーヘッドが低くなることを意味します。

Datadog サイトから遠い地域にデプロイされた Lambda 関数では、例えば、US1 Datadog サイトにデータを報告する eu-west-1 にデプロイされた Lambda 関数は、ネットワークのレイテンシーにより高い期間のオーバーヘッドが見られる場合があります。

問題を開く

このパッケージでバグが発生した場合は、お知らせください。新しい問題を開く前に、重複を避けるために既存の問題を検索してください。

問題を開くときは、拡張機能のバージョン、および取得できる場合はスタックトレースを含めてください。さらに、必要に応じて再現手順を含めてください。

機能リクエストの問題を開くこともできます。

寄稿

このパッケージに問題が見つかり、修正された場合は、手順に従ってプルリクエストを開いてください。

コミュニティ

製品のフィードバックや質問については、Slack の Datadog コミュニティ#serverless チャンネルに参加してください。

ライセンス

特に明記されていない限り、このリポジトリ内のすべてのファイルは、Apache License Version 2.0 の下でライセンスされます。

この製品には、Datadog(https://www.datadoghq.com/) で開発されたソフトウェアが含まれています。Copyright 2021 Datadog, Inc.