拡張 Lambda メトリクス

Lambda 拡張メトリクスデフォルトダッシュボード

概要

Datadog は、低レイテンシー、数秒単位の粒度、コールドスタートやカスタムタグの詳細なメタデータを備えた Lambda ランタイムから、強化された Lambda メトリクスをすぐに生成します。

拡張 Lambda メトリクスは、AWS Lambda インテグレーションで有効になっているデフォルトの Lambda メトリクスを超えるビューを提供します。これらのメトリクスは、aws.lambda.enhanced.* ネームスペースにあることで識別が可能で、サーバーレスアプリケーションの健全性をリアルタイムでモニターするよう設定するためのベストプラクティスです。

リアルタイムの拡張 Lambda メトリクス

次のリアルタイムの拡張 Lambda メトリクスが利用可能で、これらは aws_accountregionfunctionnamecold_startmemorysizeexecutedversionresourceruntime でタグ付けされています。これらのメトリクスは分布で、countminmaxsumavg 集計を使用してクエリを実行できます。

aws.lambda.enhanced.invocations
イベントまたは API コールの呼び出しに応答して関数が呼び出された回数を測定します。
aws.lambda.enhanced.errors
関数のエラーが原因で失敗した呼び出しの数を測定します。
aws.lambda.enhanced.max_memory_used
関数が使用するメモリの最大量 (mb) を測定します。
aws.lambda.enhanced.duration
関数コードが呼び出しの結果として実行を開始してから、実行を停止するまでの経過秒数を測定します。
aws.lambda.enhanced.billed_duration
請求対象となる関数が実行された時間を測定します (100 ミリ秒単位)。
aws.lambda.enhanced.init_duration
コールドスタート時の関数の初期化時間 (秒) を計測します。
aws.lambda.enhanced.runtime_duration
関数のコードが実行を開始してから、クライアントにレスポンスを返すまでの経過ミリ秒を測定します。ただし、Lambda 拡張機能の実行によって追加されるランタイム後の時間は除きます。
aws.lambda.enhanced.post_runtime_duration
関数コードがクライアントに応答を返してから、関数の実行が停止するまでの経過ミリ秒を測定し、Lambda 拡張機能の実行によって追加される時間を表します。
aws.lambda.enhanced.response_latency
呼び出しリクエストを受信してから、レスポンスの最初のバイトがクライアントに送信されるまでの経過時間をミリ秒単位で測定します。
aws.lambda.enhanced.response_duration
レスポンスの最初のバイトがクライアントに送信されてから、レスポンスの最後のバイトがクライアントに送信されるまでの経過時間をミリ秒単位で測定します。
aws.lambda.enhanced.produced_bytes
関数が返すバイト数を測定します。
aws.lambda.enhanced.estimated_cost
関数呼び出しの推定総コスト (米ドル) を測定します。
aws.lambda.enhanced.timeouts
関数がタイムアウトした回数を測定します。
aws.lambda.enhanced.out_of_memory
関数がメモリー不足になった回数を測定します。

拡張 Lambda メトリクスの有効化

AWS Lambda からの拡張メトリクスの収集

インストール手順に従ってサーバーレスアプリケーションのインスツルメンテーションをセットアップします。拡張 Lambda メトリクスはデフォルトで有効です。

ダッシュボードの表示

拡張 Lambda メトリクスが有効化されると、Datadog アプリにデフォルトのダッシュボードに表示されます。