Microsoft Azure App Service 拡張機能
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Microsoft Azure App Service 拡張機能

このサービスは公開ベータ版です。フィードバックがございましたら、Datadog サポートチームまでお寄せください。ベータ期間中は、この拡張機能に対する従量制課金は発生しません。

概要

Microsoft Azure App Service は、インフラストラクチャーを管理せずに Web アプリやモバイルバックエンド、イベント駆動型関数、RESTful API の構築とホスティングを行うことが可能な統合型のサーバーレスリソースです。あらゆる規模のワークロードのホスティングのほか、オートスケーリングと高可用性オプションにも対応しています。

Datadog では Azure App Service に属するすべてのリソースタイプのモニタリングが可能です。

Datadog の Azure App Service 向け拡張機能は、Azure Web Apps の追加モニタリングもサポートしています。これには以下の機能が含まれます。

  • 自動インスツルメンテーションを用いた、完全分散型の APM トレーシング。
  • スパンのカスタマイズが可能な、手動 APM インスツルメンテーション機能。
  • アプリケーションログへの Trace_ID 挿入。

セットアップ

要件

Datadog .NET APM 拡張機能は、Windows インスタンス上で稼働する x64 と x86 アーキテクチャの双方で以下の .NET ランタイムをサポートしています (AAS は Linux での拡張機能をサポートしていません) 。自動的にインスツルメントされたライブラリの詳細については、トレーサーのドキュメントを参照してください。

  • .NET フレームワーク 4.7 以降
  • .NET Core 2.1
  • .NET Core 2.2 (Microsoft によるサポートは 2019 年 12 月 23 日に終了しました)
  • .NET Core 3.0 (Microsoft によるサポートは 2020 年 3 月 3 日に終了しました)
  • .NET Core 3.1

インストール

  1. Azure ポータルを開き、ダッシュボードで Datadog にインスツルメントしたい Azure App Service インスタンスを選択します。
  2. ‘Configuration’ ページで ‘Application settings’ タブを開きます。
  3. Datadog API キーに対応するアプリケーション設定 DD_API_KEY を追加し、Datadog API キーの値を設定します。
  4. EU 版の Datadog サイト (datadoghq.eu ドメイン) をお使いの場合は、アプリケーション設定 DD_SITE を追加し、値に datadoghq.eu を設定してください。 デフォルトでは、この拡張機能は US 版の Datadog サイト (datadoghq.com ドメイン) にデータを送信します。US 版の Datadog サイトをお使いの場合は、追加のアプリケーション設定は不要です。
  5. 拡張機能ページで Add をクリックします。
  6. Datadog APM 拡張機能を選択します。
  7. 規約に同意し、OK をクリックします。インストールは間もなく完了します。
  8. メインのアプリケーションを再起動して Stop をクリックします。その後、完全にアプリケーションが停止してから Start をクリックします。

ログとトレース

Azure Web Apps のログは、Azure インテグレーションドキュメント に記載するプロセスを使用して、Eventhub 経由で Datadog に送信できます。この拡張機能では、エージェントレスのログ収集はご利用になれません。

アプリケーションに対するロギングパイプラインを構築したら、トレース ID を挿入して Datadog でログとトレースを接続します。拡張機能でこれを有効にするには、アプリケーション設定 DD_LOGS_INJECTION:true を追加します。

: トレース ID 挿入はアプリケーションの内部で実行されるため、トレース ID はアプリケーションログに含まれます。HTTP ログや監査ログなど、Azure で利用可能な診断ログのその他のカテゴリにトレース ID が含まれることはありません。

トラブルシューティング

500 番台のエラー

インストール直後にアプリで 500 番台のエラーが発生したら、まずはアプリケーションが完全に停止した状態で再起動を行ってください。操作は以下の通りです。

  1. アプリケーションを停止します。
  2. Datadog 拡張機能を削除します。
  3. Datadog 拡張機能を再インストールします。
  4. アプリケーションを再起動します。

通常はアプリを停止し、再インストールを行うことで問題の解決が可能です。しかし、その後も引き続き 500 番台のエラーが発生する場合は、有効化したデバッグ設定関連でアプリケーションの起動時間が遅延し、結果としてエラーにつながっている可能性があります。この場合は以下の方法もお試しください。

  • ロギングおよびアプリケーション設定を調整する
  • アプリケーションをさらに強力な App Service のプランへ移行する

トレースの消失

トレースが消失している、またはトレースが全く受信できない場合は、ポート設定が手動で変更されていないかをご確認ください。拡張機能においては、Tracer Agent がアプリケーションと通信し、外部トラフィック向けに使用可能な正しいポートを特定します。手動でポートを設定すると、このプロセスが阻害されてトレースの消失につながる可能性があります。

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: