RUM カスタムアクションの送信

RUM カスタムアクションの送信

概要

Real User Monitoring は、Webアプリケーションでアクションを自動的に収集します。また、フォームの入力やビジネストランザクションなど、追加のイベントやタイミングを収集することもできます。カスタム RUM アクションを使用して、関連するすべてのコンテキストをアタッチして、興味深いイベントを監視します。このガイド全体の例として、e コマース Web サイトからユーザーのチェックアウト情報を収集します。

コードのインスツルメンテーション

新しい RUM アクションを作成するには、addAction API を使用します。アクションに名前を付けてから、JavaScript オブジェクトの形式でコンテキスト属性をアタッチします。次の例では、ユーザーがチェックアウトボタンをクリックしたときに、ユーザーカートの詳細を含む「チェックアウト」アクションが作成されます。

function onCheckoutButtonClick(cart) {
    DD_RUM.addAction('checkout', {
        'value': cart.value, // 例: 42.12
        'items': cart.items, // 例: ['tomato', 'strawberries']
    })
}

Global Context API で提供される追加の属性とともに、すべての RUM コンテキスト (現在のページビュー情報、geoIP データ、ブラウザ情報など) が自動的にアタッチされます。

新しい属性にファセットとメジャーを作成

カスタムアクションを作成するコードをデプロイすると、RUM ExplorerActions タブにアクションが表示されるようになります。

新しいカスタムアクションを簡単に絞り込むには、次のように Action Target Name 属性を使用します: @action.target.name:<ACTION_NAME>。この例では、次のフィルターを使用します: @action.target.name:checkout

アクションをクリックすると、すべてのメタデータがサイドパネルで利用可能になります。アクション属性は、Custom Attributes セクションにあります。次のステップは、これらの属性をクリックしてファセットまたはメジャーを作成することです。たとえば、カートアイテムのファセットとカート値のメジャーを作成します。

カスタム RUM アクションのファセットを作成する

: 一意性のある値 (ID など) にはファセットを、質量的な値 (タイミングやレイテンシーなど) にはメジャーを使用します。

属性をエクスプローラー、ダッシュボード、モニターで使用

ファセットとメジャーを作成したら、RUM のクエリでアクション属性を使用できます。つまり、RUM Explorer/Analytics でダッシュボードウィジェット、モニター、高度なクエリを構築できます。

下記のスクリーンショットは、前日のカートの国別平均値を示した例です。右上のドロップダウンメニューを使用して、このクエリをダッシュボードウィジェットまたはモニターとしてエクスポートできます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: