Datadog モバイルアプリ
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Datadog モバイルアプリ

Datadog Mobile アプリを使用すると、Datadog からのアラートをモバイルデバイスで表示できます。Slack、メール、Pagerduty、またはその他のページャーアプリを介してアラートを受け取った場合、モバイルデバイスでモニターグラフとダッシュボードを開いて問題を調査できます。

インストール

iOS デバイスの場合は Apple App Store から、Android デバイスの場合は Google Play ストアからアプリをダウンロードします。

ログイン

US と EU のどちらのリージョンでも、標準認証、Google 認証、または SAML を使用してログインできます。

SAML の有効化

SAML ログインでは、Datadog を使用して SAML プロバイダーをセットアップおよび認証する必要があります。SAML でログインする前に、

  1. まず、ブラウザで Datadog アカウントプロファイルページにログインし、ログインする組織の Link mobile device ボタンをクリックします。QR コードがポップアップします。
  2. デフォルトのスマホカメラアプリを使用して QR コードをスキャンし、提案されたリンクをタップして Datadog アプリを開きます。組織 UDID がログイン画面に自動的に挿入されます。
  3. 必要に応じて、SAML ID を手動で入力できます。Datadog Mobile アプリを開いて login with SAML をクリックし、SAML ID を手動で入力します。
  4. 通常の SAML ログインフローを使用してログインします。ログイン時に Authorize をクリックすると、このモバイルデバイスがアカウントにリンクされます。セキュリティ上の理由から、このフローは月に 1 回実行する必要があります。

: モバイルアプリは現在、IdP によって開始されるログイン (SAML ID プロバイダーからの認証) をサポートしていません。詳細について、または SAML 認証に問題がある場合は、Datadog サポートにお問い合わせください。

モニター

モニターページでは、Datadog 組織でアクセスできるすべてのモニターを表示、検索できます。タグ付け戦略に基づいて、フィールド名とビルド固有の検索クエリで指定できます。検索の詳細については、モニター検索の管理セクションを参照してください。たとえば、アラートが発生している SRE チームに関連するメトリクスモニターでフィルタリングするには、クエリ "status:Alert type:Metric team:sre" を使用します。個々のアラートをクリックして詳細を表示します。これは、タイプとアラート時間でフィルタリングできます。また、アラートをミュートにすることもできます。最新の 10 件の検索が保存されるため、以前のクエリにすばやくアクセスできます。

注: モニターと通知の設定または編集は、Datadog ウェブアプリで行う必要があります。ウェブアプリで設定されたすべてのモニターがモバイルアプリで表示されます。詳細については、モニターの作成を参照してください。

ダッシュボード

ダッシュボードページでは、Datadog 組織でアクセスできるすべてのダッシュボードを表示、検索し、Datadog Web アプリで設定したものと同じテンプレート変数を使用してそれらをフィルタリングできます。個々のダッシュボードをクリックして表示します。

注: ダッシュボードを設定または編集するには、Datadog ブラウザアプリにログインする必要があります。詳細については、ダッシュボードを参照してください。

アカウント

組織を切り替えるか、アカウントページからログアウトします。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのヘルプについては、Datadog のサポートチームにお問い合わせください。また、Datadog 公開 Slack #mobile-app チャンネルでメッセージをお送りいただくことも可能です。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: