Amazon EventBridge API 宛先でイベントおよびログを Datadog へ送信

Amazon EventBridge は、イベント駆動型アプリケーションの構築を可能にするサーバーレスイベントバスです。 EventBridge は AWS サービスと統合可能ですが、API 宛先機能を利用すると、API を使用して AWS 外からのデータをプッシュ/プルできます。このガイドでは、EventBridge から Datadog へイベントおよびログを送信する方法を解説します。Datadog から EventBridge へのイベントのプッシュに関する詳細は、EventBridge インテグレーション文書をご参照ください。

セットアップ

始めるには、Datadog アカウントAPI キーAmazon Eventbridge API 宛先へのアクセスが必要です。

コンフィギュレーション

  1. Amazon の API 宛先を作成文書のステップに従い、Datadog を API 宛先として追加します。

    • キー名として DD-API-KEYDatadog API キーを値として、API キー認証を使用します。
    • 宛先エンドポイントには、ログの場合 https://http-intake.logs.datadoghq.com/v1/input、イベントの場合は https://api.datadoghq.com/api/v1/events を使用して、HTTP メソッドとして POST を設定します。ログとイベントの違いに関する詳細は、データのカテゴリ文書のページログセクションおよびイベントセクションを参照してください。
    • イベントエンドポイントを利用する場合、API Destination 接続の body.field パラメータに titletext を含める必要があります。これらは、イベントエンドポイントに POST するために必要な値です。詳しくは、イベントのポストのドキュメントを参照してください。
  2. 宛先をセットアップしたら、Amazon のドキュメントを参照して EventBridge 作成ルールを作成して、Datadog をあて先として設定します。

  3. Datadog を宛先としてルールをセットアップしたら、イベントを EventBridge にポストしてトリガーします。Datadog から EventBridge へのイベントのプッシュに関する詳細は、EventBridge インテグレーションのドキュメントをご参照ください。たとえば、アカウントでオブジェクトを S3 バケットへアップロードしてテストイベントをトリガーするには、以下の AWS CloudShell コマンドを使用します。

    echo "test" > testfile.txt
    aws s3 cp testfile.txt s3://YOUR_BUCKET_NAME
    
  4. およそ 5 分後、イベントとログが送信されると、Datadog のログコンソールまたはイベントエクスプローラー(送信先となっているエンドポイントに基づき ます)でデータが利用可能になります。

トラブルシューティング

Datadog に送信されたペイロードの詳細を確認し、API エンドポイントのレスポンスを表示するには、Amazon SQS キューをセットアップします。

  1. Amazon SQS にキューを作成します。
  2. 構成セクションで作成した EventBridge ルールに移動します。
  3. Targets タブを選択し、Edit をクリックします。
  4. Additional settings セクションを展開します。
  5. Dead-letter queue セクションで、Select an Amazon SQS queue in current AWS account to use as dead-letter queue (デッドレターキューとして使用する、現在の AWS アカウントの Amazon SQS キューを選択する) を選択します。
  6. 先ほど作成した SQS キューを選択します。
  7. ルールを更新します。

お役に立つドキュメント、リンクや記事:

お役に立つドキュメント、リンクや記事: