uWSGI
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

uWSGI

Agent Check Agentチェック

Linux Mac OS Windows OS Supported

概要

uWSGI のログを収集して、毎秒のリクエスト数、処理バイト数、リクエストステータス (2xx、3xx、4xx、5xx)、サービスのアップタイム、速度低下などを追跡できます。

セットアップ

インストール

uWSGI サーバーが実行されているインスタンス上に Agent をインストールします。

構成

uWSGI サーバーは、デフォルトでログを stdout に記録します。ファイルへのログ記録を開始するには、以下のコマンドを実行するか、ファイルへのログ記録に関する uWSGI の説明に従います。

uwsgi --socket :3031 --logger file:logfile=/var/log/uwsgi/uwsgi.log,maxsize=2000000

Agent の構成ディレクトリのルートに uwsgi.d/conf.yaml ファイルを作成します。

ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml ファイルでこれを有効にします。

logs_enabled: true

続いて、次の構成ブロックを uwsgi.d/conf.yaml ファイルに追加して、ログの収集を開始します。

logs:
    - type: file
      path: /var/log/uwsgi/uwsgi.log
      service: '<MY_APPLICATION>'
      source: uwsgi

最後に、Agent を再起動します。

Datadog-uWSGI インテグレーションは、デフォルトで、uWSGI のデフォルトのログ形式Apache のような結合形式をサポートします。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。