Teamcity

Supported OS Linux Windows

Integrationv2.2.0

概要

このチェックは、正常なビルドに関連するイベントを監視し、それらのイベントを Datadog に送信します。

多くの Agent チェックとは異なり、このチェックはメトリクスを収集せずに、イベントのみを収集します。

セットアップ

インストール

Teamcity チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。Teamcity サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

Teamcity の準備

Teamcity を準備するには、ゲストログインを有効にするを参照してください。

ホスト

ホストで実行中の Agent に対してこのチェックを構成するには:

Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの teamcity.d/conf.yaml を編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル teamcity.d/conf.yaml を参照してください。

init_config:

instances:
  - name: My Website
    server: teamcity.mycompany.com

    # 追跡するビルド構成の内部ビルド ID
    build_configuration: MyWebsite_Deploy

追跡する各ビルド構成の instances に上のような項目を追加します。

Agent を再起動すると、Teamcity イベントが収集され、Datadog に送信されます。

ログの収集
  1. Teamcity ログ設定を構成します。

  2. デフォルトでは、Datadog のインテグレーションパイプラインは以下のログフォーマットをサポートします。

    [2020-09-10 21:21:37,486]   INFO -  jetbrains.buildServer.STARTUP - Current stage: System is ready
    

    別の変換パターンを定義する場合は、インテグレーションパイプラインを複製して編集してください。

  3. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml ファイルでこれを有効にします。

    logs_enabled: true
    
  4. teamcity.d/conf.yaml ファイルで以下のコンフィギュレーションブロックのコメントを削除します。環境に基づいて、path パラメーターの値を変更します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、teamcity.d/conf.yaml のサンプルを参照してください。

    logs:
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-server.log
        source: teamcity
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-activities.log
        source: teamcity
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-vcs.log
        source: teamcity
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-cleanup.log
        source: teamcity
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-notifications.log
        source: teamcity
      - type: file
        path: /opt/teamcity/logs/teamcity-ws.log
        source: teamcity
    
  5. Agent を再起動します

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照して、次のパラメーターを適用してください。

パラメーター
<インテグレーション名>teamcity
<初期コンフィギュレーション>空白または {}
<インスタンスコンフィギュレーション>{"name": "<BUILD_NAME>", "server":"%%host%%", "build_configuration":"<BUILD_CONFIGURATION_ID>"}
ログの収集

Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。有効にする方法については、Kubernetes ログ収集を参照してください。

パラメーター
<LOG_CONFIG>{"source": "teamcity"}

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで teamcity を探します。

収集データ

メトリクス

Teamcity チェックには、メトリクスは含まれません。

イベント

正常なビルドを表す Teamcity イベントが Datadog に転送されます。

サービスのチェック

Teamcity チェックには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料