Systemd
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Systemd

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux

概要

このチェックは、Systemd と、Systemd が Datadog Agent を介して管理するユニットを監視します。

  • Systemd の状態と健全性を追跡できます。
  • Systemd が管理するユニット、サービス、ソケットを監視できます。

セットアップ

インストール

ホスト

Systemd チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、Systemd データの取得に必要なソケット /run/systemd/private を含む /run/systemd/ フォルダーをマウントする必要があります。たとえば、以下のとおりです。

docker run -d -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro \
              -v /proc/:/host/proc/:ro \
              -v /sys/fs/cgroup/:/host/sys/fs/cgroup/:ro \
              -v /run/systemd/:/host/run/systemd/:ro \
              -e DD_API_KEY=<YOUR_API_KEY> \
              datadog/agent:latest

コンフィギュレーション

  1. Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの systemd.d/conf.yaml ファイルを編集して、 Systemd パフォーマンスデータの収集を開始します。 使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル systemd.d/conf.yaml を参照してください。

  2. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションの systemd を探します。

収集データ

メトリクス

systemd.units_total
(gauge)
The total number of units
Shown as unit
systemd.units_loaded_count
(gauge)
The number of loaded units
Shown as unit
systemd.units_monitored_count
(gauge)
The number of monitored units
Shown as unit
systemd.units_by_state
(gauge)
Sum by state to count units
Shown as unit
systemd.unit.monitored
(gauge)
Indicates that the unit is monitored (the value is always 1)
systemd.unit.active
(gauge)
Whether the unit is currently in active state
systemd.unit.loaded
(gauge)
Whether the unit is currently in loaded state
systemd.unit.uptime
(gauge)
The unit uptime in seconds since it's activation
Shown as second
systemd.service.cpu_time_consumed
(gauge)
The overall cpu consumed by the service in nanoseconds (CPUUsageNSec), requires Systemd configuration CPUAccounting to be enabled and Systemd version >= 220
Shown as nanosecond
systemd.service.memory_usage
(gauge)
The memory currently used by the service in bytes (MemoryCurrent), requires Systemd configuration MemoryAccounting to be enabled
Shown as byte
systemd.service.task_count
(gauge)
The current number of tasks in the service (TasksCurrent), requires Systemd configuration TasksAccounting to be enabled
Shown as task
systemd.service.restart_count
(gauge)
The number of times the service has been restarted due to `Restart=` (NRestarts), requires Systemd version >= 235
Shown as time
systemd.socket.connection_accepted_count
(gauge)
The number of accepted socket connections (NAccepted)
Shown as connection
systemd.socket.connection_count
(gauge)
The current number of socket connections (NConnections)
Shown as connection
systemd.socket.connection_refused_count
(gauge)
The total number of refused socket connections (NRefused), requires Systemd version >= 239
Shown as connection

以下は、対応する構成が有効な場合にのみ報告されるメトリクスです。

  • systemd.service.cpu_time_consumed: Systemd 構成 CPUAccounting を有効にする必要があります。
  • systemd.service.memory_usage: Systemd 構成 MemoryAccounting を有効にする必要があります。
  • systemd.service.task_count: Systemd 構成 TasksAccounting を有効にする必要があります。

以下は、特定バージョンの Systemd でのみ使用できるメトリクスです。

  • systemd.service.cpu_time_consumed: Systemd v220 が必要です。
  • systemd.service.restart_count: Systemd v235 が必要です。
  • systemd.socket.connection_refused_count: Systemd v239 が必要です。

サービスのチェック

systemd.can_connect:
Systemd が到達可能な場合は OK、それ以外の場合は CRITICAL を返します。

systemd.system.state:
Systemd のシステム状態が running の場合は、OK を返します。状態が degraded、maintenance、stopping の場合は、CRITICAL を返します。状態が initializing、starting、またはその他の場合は、UNKNOWN を返します。

systemd.unit.state:
ユニットのアクティブ状態が active の場合は、OK を返します。状態が inactive、deactivating、failed の場合は、CRITICAL を返します。状態が activating またはその他の場合は、UNKNOWN を返します。

イベント

Systemd チェックには、イベントは含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。