SSH チェック
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

SSH チェック

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

このチェックを使用して、リモートホストへの SSH 接続と SFTP 応答時間を監視できます。

セットアップ

インストール

SSH/SFTP チェックは Datadog Agent パッケージに含まれているため、SSH 接続をテストするサーバーに追加で何かをインストールする必要はありません。

構成

ホスト

ホストで実行中の Agent でこのチェックを構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、コンテナ化セクションを参照してください。

  1. Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの ssh_check.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル ssh_check.d/conf.yaml を参照してください。

    init_config:
    
    instances:
     - host: "<SOME_REMOTE_HOST>" # required
       username: "<SOME_USERNAME>" # required
       password: "<SOME_PASSWORD>" # or use private_key_file
       # private_key_file: <PATH_TO_PRIVATE_KEY>
       # private_key_type:         # rsa or ecdsa; default is rsa
       # port: 22                  # default is port 22
       # sftp_check: False         # set False to disable SFTP check; default is True
       # add_missing_keys: True    # default is False
  2. Agent を再起動すると、Datadog への SSH/SFTP メトリクスおよびサービスチェックの送信が開始されます。

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照して、次のパラメーターを適用してください。

パラメーター
<インテグレーション名>ssh_check
<初期コンフィギュレーション>空白または {}
<インスタンスコンフィギュレーション>{"host": "%%host%%", "port":"22", "username":"<USERNAME>"}

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで ssh_check を探します。

収集データ

メトリクス

sftp.response_time
(gauge)
The response time of SFTP
Shown as second

イベント

SSH チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

ssh.can_connect:

Agent が SSH セッションを開始できない場合は、CRITICAL を返します。それ以外の場合は、OK を返します。

sftp.can_connect:

Agent が SFTP セッションを開始できない場合は、CRITICAL を返します。それ以外の場合は、OK を返します。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。