Pure Storage FlashArray

Supported OS Linux Mac OS Windows

Integrationv1.0.1

概要

このチェックでは、Datadog AgentPure Storage Prometheus エクスポーターを通して Pure Storage FlashArray を監視します。

このインテグレーションにより、アレイ、ホスト、ボリューム、ポッドレベルのパフォーマンスデータ、および容量と構成の概要情報を提供することができます。

複数の FlashArray を監視し、それらを 1 つのダッシュボードに集計したり、顧客定義環境ごとにまとめたりすることが可能です。

このインテグレーションには以下が必要です

  • Agent v7.26.x+、OpenMetricsBaseCheckV2 を利用するため
  • Python 3
  • Pure Storage Prometheus エクスポーターは、コンテナ環境でインストールされ、実行されます。インストール方法は、GitHub リポジトリを参照してください。

セットアップ

ホストで実行されている Agent 用にこのチェックをインストールおよび構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照してこの手順を行ってください。

インストール

  1. Datadog Agent をダウンロードして起動します。
  2. Pure FlashArray インテグレーションを手動でインストールします。環境に応じた詳細は、コミュニティインテグレーションを利用するを参照してください。

ホスト

ホスト上で動作している Agent に対してこのチェックを構成するには、datadog-agent integration install -t datadog-purefa==<INTEGRATION_VERSION> を実行します。

注: <INTEGRATION_VERSION> は、Datadog Integration Extras の CHANGELOG.md 内に記載されています。

  • 例: datadog-agent integration install -t datadog-purefa==1.0.1

コンフィギュレーション

  1. FlashArray に Read-Only ロールのローカルユーザーを作成し、このユーザー用の API トークンを生成します。 API キーの生成
  2. PureFA のパフォーマンスデータの収集を開始するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの purefa.d/conf.yaml ファイルに以下の構成ブロックを追加します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、サンプル purefa.d/conf.yaml を参照してください。

: コンフィギュレーションファイルを作成する際には、最低限 /array エンドポイントが必要です。

init_config:
   timeout: 60

instances:

  - openmetrics_endpoint: http://<exporter_ip_or_fqdn>:<port>/metrics/flasharray/array?endpoint=<array_ip_or_fqdn>
    tags:
       - env:<env>
       - fa_array_name:<full_fqdn>
       - host:<full_fqdn>
    headers:
       Authorization: Bearer <api_token>
    min_collection_interval: 120

  - openmetrics_endpoint: http://<exporter_ip_or_fqdn>:<port>/metrics/flasharray/volumes?endpoint=<array_ip_or_fqdn>
    tags:
       - env:<env>
       - fa_array_name:<full_fqdn>
    headers:
       Authorization: Bearer <api_token>
    min_collection_interval: 120

  - openmetrics_endpoint: http://<exporter_ip_or_fqdn>:<port>/metrics/flasharray/hosts?endpoint=<array_ip_or_fqdn>
    tags:
       - env:<env>
       - fa_array_name:<full_fqdn>
    headers:
       Authorization: Bearer <api_token>
    min_collection_interval: 120

  - openmetrics_endpoint: http://<exporter_ip_or_fqdn>:<port>/metrics/flasharray/pods?endpoint=<array_ip_or_fqdn>
    tags:
       - env:<env>
       - fa_array_name:<full_fqdn>
       - host:<full_fqdn>
    headers:
       Authorization: Bearer <api_token>
    min_collection_interval: 120
  1. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションの purefa を探します。

トラブルシューティング

ダッシュボードにアレイが表示されない

このインテグレーションに含まれるダッシュボードでは、envfa_array_name というタグが使用されます。これらはインスタンスごとに設定されていることを確認してください。また、purefa.d/conf.yaml/array/pods のエンドポイントに host を設定する必要があります。

- tags:
   - env:<env>
   - fa_array_name:<full_fqdn>
   - host:<full_fqdn>

収集間隔を長くする

Pure Storage FlashArray のチェックでは、デフォルトで min_collection_interval120 に設定されており、推奨される最小値は 20 です。必要に応じて purefa.d/conf.yaml ファイルで min_collection_interval を増やしたり減らしたりすることができます。

min_collection_interval: 120

収集データ

メトリクス

purefa.alerts.total
(gauge)
Number of alert events
purefa.array.performance_avg_block_bytes
(gauge)
FlashArray avg block size
Shown as byte
purefa.array.performance_bandwidth_bytes
(gauge)
FlashArray bandwidth
Shown as byte
purefa.array.performance_iops
(gauge)
FlashArray IOPS
Shown as operation
purefa.array.performance_latency_usec
(gauge)
FlashArray latency
Shown as microsecond
purefa.array.performance_qdepth
(gauge)
FlashArray queue depth
purefa.array.space_capacity_bytes
(gauge)
FlashArray overall space capacity
Shown as byte
purefa.array.space_datareduction_ratio
(gauge)
FlashArray overall data reduction
purefa.array.space_provisioned_bytes
(gauge)
FlashArray overall provisioned space
Shown as byte
purefa.array.space_used_bytes
(gauge)
FlashArray overall used space
Shown as byte
purefa.hardware.chassis_health
(gauge)
FlashArray hardware chassis health status
purefa.hardware.component_health
(gauge)
FlashArray hardware component health status
purefa.hardware.controller_health
(gauge)
FlashArray hardware controller health status
purefa.hardware.power_volts
(gauge)
FlashArray hardware power supply voltage
Shown as volt
purefa.hardware.temperature_celsius
(gauge)
FlashArray hardware temperature sensors
Shown as degree celsius
purefa.host.performance_bandwidth_bytes
(gauge)
FlashArray host bandwidth
Shown as byte
purefa.host.performance_iops
(gauge)
FlashArray host IOPS
Shown as operation
purefa.host.performance_latency_usec
(gauge)
FlashArray host IO latency
Shown as microsecond
purefa.host.space_bytes
(gauge)
FlashArray host volumes allocated space
Shown as byte
purefa.host.space_datareduction_ratio
(gauge)
FlashArray host volumes data reduction ratio
purefa.host.space_size_bytes
(gauge)
FlashArray host volumes size
Shown as byte
purefa.info
(gauge)
FlashArray host volumes connections
purefa.pod.mediator_status
(gauge)
FlashArray pod mediatorstatus
purefa.pod.performance_bandwidth_bytes
(gauge)
FlashArray pod bandwidth
Shown as byte
purefa.pod.performance_iops
(gauge)
FlashArray pod IOPS
Shown as operation
purefa.pod.performance_latency_usec
(gauge)
FlashArray pod IO latency
Shown as microsecond
purefa.pod.space_bytes
(gauge)
FlashArray pod size
Shown as byte
purefa.pod.space_datareduction_ratio
(gauge)
FlashArray pod data reduction ratio
purefa.pod.space_size_bytes
(gauge)
FlashArray pod size
Shown as byte
purefa.pod.status
(gauge)
FlashArray pod status
purefa.volume.performance_iops
(gauge)
FlashArray volume IOPS
Shown as operation
purefa.volume.performance_latency_usec
(gauge)
FlashArray volume IO latency
Shown as microsecond
purefa.volume.performance_throughput_bytes
(gauge)
FlashArray volume throughput
Shown as byte
purefa.volume.space_bytes
(gauge)
FlashArray allocated space
Shown as byte
purefa.volume.space_datareduction_ratio
(gauge)
FlashArray volumes data reduction ratio
purefa.volume.space_size_bytes
(gauge)
FlashArray volumes size
Shown as byte

イベント

PureFA インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

このインテグレーションによって提供されるサービスチェックのリストについては、service_checks.json を参照してください。

サポート

サポートまたは機能リクエストをご希望の場合は、以下の方法で Pure Storage にお問い合わせください。