Pingdom
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Pingdom

Crawler Crawler

概要

他のイベントやメトリクスに関連付けて、ユーザー中心の Pingdom パフォーマンスメトリクスを Datadog で追跡します。

Datadog は、Pingdom Web サイトで構成されているすべてのサイトの response_time メトリクスを追跡します。

インテグレーションステータスモニターを構成することで、Pingdom イベントを追加できます。

メトリクスのインポートは、Starter レベル以上の Pingdom ユーザーで行うことができます。

セットアップ

インストール

  1. Pingdom インテグレーションタイルを開きます。
  2. Pingdom アカウントのユーザー名とパスワードを入力します (チームアカウントがある場合は、ご自身の認証情報を使用し、チェックの取得元のアカウントを指定できます)。
  3. 一部のチェックをオフにして無視したり、生成されるイベントにタグを追加することもできます。

収集データ

メトリクス

pingdom.response_time
(gauge)
The HTTP response time for this Pingdom check
Shown as millisecond
pingdom.uptime
(gauge)
The elapsed time since the last HTTP error for this Pingdom check
Shown as second
pingdom.check.status.count
(count)
Count of Pingdom status checks
Shown as check
pingdom.check.error.count
(count)
Count of Pingdom status checks that only have errors
Shown as error
pingdom.transaction.check.status.count
(count)
Count of Pingdom transaction status checks
Shown as check
pingdom.transaction.check.error.count
(count)
Count of Pingdom transaction status checks that only have errors
Shown as error

イベント

Pingdom インテグレーションには、イベントは含まれません。

Service Checks

Pingdom インテグレーションは、トランザクションチェックを取得し、それをサービスチェックとしてレポートします。

pingdom.status チェックについて、以下の表に、Pingdom トランザクションチェックの結果と Datadog サービスチェックの結果の対応関係を示します。

Datadog ステータスPingdom ステータス
OKup
CRITICALdown
WARNINGunconfirmed_down
UNKNOWNunknownpaused

トラブルシューティング

ユーザー/パスワードの更新時にエラーを受け取るのはなぜですか

Pingdom 認証情報の保存時に以下が表示されることがあります。

“There was an issue while testing your Pingdom configuration: Not permitted for account type”.

Pingdom アカウント所有者の電子メールアドレスを (Optional) Account to query フィールドに追加し、保存してください。