PagerDuty

Datadog PagerDuty インテグレーションは、政府関係のサイトに対する Datadog の使用をサポートしていません。: 監視通知を PagerDuty に送信することは可能です。

PagerDuty インシデントトレンド

概要

PagerDuty を Datadog に接続して、以下のことができます。

  • ポストに @pagerduty をメンションすることで、ストリームからインシデントをトリガーおよび解決できます。
  • インシデントやエスカレーションの発生時に、それらをストリームに表示できます。
  • 誰がオンコールかのリマインダーを毎日取得できます。

セットアップ

Pagerduty の Datadog インテグレーションガイドを参照してください。

PagerDuty を統合したら、Datadog のカスタム PagerDuty インシデントトレンドを確認できます。

収集データ

メトリクス

PagerDuty インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

トリガー/解決された PagerDuty イベントがイベントストリームに表示されます。

サービスのチェック

PagerDuty インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

特定の PagerDuty サービスに通知を送信する

複数のサービスが統合されている場合に、特定の PagerDuty サービスにメッセージや通知を送るには、モニターメッセージに @pagerduty-[serviceName] を使用します。これをモニターの Say what’s happening セクションに入力し始めると、オートコンプリートされるのがわかるはずです。

pagerduty faq 1

モニターが回復するとき、通知ハンドルをモニター回復メッセージに含めると、自動的に Pagerduty サービスを解決しますが、{{#is_alert}} コンテキストにのみ含まれている場合は解決しません。

PagerDuty のインシデント重大度のマッピング

PagerDuty インシデントの重大度は、アラートの原因となっているモニターのステータスによって決定されます。次の表は、アラートステータスが PagerDuty インシデントの重大度にどのようにマッピングされるかを示しています。

モニターステータスPagerDuty インシデント重大度
ALERTerror
NODATAerror
WARNINGwarning
OK またはその他info

例えば、モニターが OK から WARNING に遷移し、@pagerduty-[serviceName] に通知した場合、作成される PagerDuty インシデントの重大度は warning となります。

: このマッピングは自動的に行われ、変更することはできません。

アラートの説明文の切り捨て

Datadog では、PagerDuty に送信されるモニター通知の長さに上限を設けています。上限は 1024 文字です。