PagerDuty
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

PagerDuty

Crawler クローラー

概要

PagerDuty を Datadog に接続して、以下のことができます。

  • ポストに @pagerduty をメンションすることで、ストリームからインシデントをトリガーおよび解決できます。
  • インシデントやエスカレーションの発生時に、それらをストリームに表示できます。
  • 誰がオンコールかのリマインダーを毎日取得できます。

セットアップ

Pagerduty のこちらのドキュメントを参照してください。

Pagerduty を統合したら、Datadog のカスタム Pagerduty インシデントトレンドを確認できます。

収集データ

メトリクス

PagerDuty インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

トリガー/解決された PagerDuty イベントがイベントストリームに表示されます。

サービスのチェック

PagerDuty インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

モニターがリカバリしたときに、PagerDuty サービスを自動的に解決するにはどうすればよいですか

以下のように、モニターの Say what’s happening セクションの {{#is_recovery}} コンテキストに、PagerDuty 通知を含める必要があります。

{{#is_recovery}}

    この通知は、モニターが解決したときのみ発生します。
    @pagerduty-trigger がトリガーされアラートが発動すると、同様に解決します。

{{/is_recovery}}

複数の PagerDuty サービスが統合されている場合に、特定のサービスにメッセージ/通知を送信するにはどうすればよいですか

モニターメッセージで @pagerduty-[serviceName] を使用します。モニターの Say what’s happening セクションで入力を開始すると、オートコンプリートされます。

PagerDuty でアラートの説明が途切れているのはなぜですか

Datadog では、PagerDuty に送信されるモニター通知の長さに上限を設けています。上限は 1024 文字です。