NTP
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

NTP

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

Network Time Protocol (NTP) インテグレーションはデフォルトで有効になっており、NTP サーバーとの時間オフセットを 15 分ごとに報告します。ローカル Agent の時間が Datadog サービスや監視対象の他のホストと 15 秒以上ずれていると、以下の問題が発生する可能性があります。

  • 不正なアラートのトリガー
  • メトリクスの遅延
  • メトリクスのグラフの途切れ

デフォルトで利用される NTP サーバー

  • 0.datadog.pool.ntp.org
  • 1.datadog.pool.ntp.org
  • 2.datadog.pool.ntp.org
  • 3.datadog.pool.ntp.org

セットアップ

インストール

NTP チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

構成

Agent はデフォルトで NTP チェックを有効にしますが、チェックを自分で構成する場合は、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーで ntp.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、サンプル ntp.d/conf.yaml を参照してください。

: Datadog-NTP チェックのコンフィギュレーションファイルを編集する場合は、 Agent を再起動してコンフィギュレーションの変更を有効にします。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで ntp を探します。

収集データ

メトリクス

ntp.offset
(gauge)
The time difference between the local clock and the NTP reference clock.
Shown as second

イベント

NTP チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

ntp.in_sync:

NTP オフセットが ntp.yaml で指定されているしきい値より大きい場合は、CRITICAL を返します。それ以外の場合は、OK を返します。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。