NTP

NTP

Agent Check Agentチェック

Supported OS Linux Mac OS Windows

概要

Network Time Protocol (NTP) インテグレーションはデフォルトで有効になっており、NTP サーバーとの時間オフセットを 15 分ごとに報告します。ローカル Agent の時間が Datadog サービスや監視対象の他のホストと 15 秒以上ずれていると、以下の問題が発生する可能性があります。

  • 不正なアラートのトリガー
  • メトリクスの遅延
  • メトリクスのグラフの途切れ

デフォルトでは、エージェントが実行されているクラウドプロバイダーがチェックにより検出され、可能な場合はそのクラウドプロバイダーのプライベート NTP サーバーが使用されます。クラウドプロバイダーが検出されない場合は、エージェントで以下の NTP サーバーをデフォルトとします。

  • 0.datadog.pool.ntp.org
  • 1.datadog.pool.ntp.org
  • 2.datadog.pool.ntp.org
  • 3.datadog.pool.ntp.org

セットアップ

インストール

NTP チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

Agent はデフォルトで NTP チェックを有効にしますが、チェックを自分で構成する場合は、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーで ntp.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、サンプル ntp.d/conf.yaml を参照してください。

: Datadog-NTP チェックのコンフィギュレーションファイルを編集する場合は、 Agent を再起動してコンフィギュレーションの変更を有効にします。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで ntp を探します。

収集データ

メトリクス

ntp.offset
(gauge)
The time difference between the local clock and the NTP reference clock.
Shown as second

イベント

NTP チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

ntp.in_sync
Returns CRITICAL if the host clock is more than the configured threshold away from the NTP time. Returns UNKNOWN if the Agent can not connect to the NTP server. Returns OK otherwise.
Statuses: ok, critical, unknown

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。