Kubelet
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Kubelet

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

このインテグレーションは、kubelet からコンテナメトリクスを収集して、以下のことができます。

  • kubelet 統計を視覚化および監視できます。
  • kubelet のフェイルオーバーとイベントの通知を受けることができます。

セットアップ

インストール

Kubelet チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

構成

サーバーとポートを指定し、メトリクスと共に送信するタグを設定するには、Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの kubelet.d/conf.yaml ファイルを編集します。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで kubelet を探します。

互換性

kubelet チェックは 2 つのモードで実行できます。

  • prometheus モード (デフォルト) は、バージョン 1.7.6 以降の Kubernetes と互換性があります。
  • cAdvisor モード (cadvisor_port オプションの設定により有効) は、バージョン 1.3 以降の Kubernetes と互換性があります。一貫したタグ付けとフィルタリングを行うには、Agent のバージョン 6.2 以降が必要です。

OpenShift <3.7 のサポート

OpenShift では、cAdvisor 4194 ポートはデフォルトで無効になっています。これを有効にするには、 node-config ファイルに次の行を追加する必要があります。

kubeletArguments:
  cadvisor-port: ["4194"]

ポートをオープンできない場合は、次のように設定して、コンテナメトリクス収集の両方のソースを無効にできます。

  • cadvisor_port0
  • metrics_endpoint""

この状態でも、このチェックは次の情報を収集できます。

  • kubelet 健全性サービスチェック
  • ポッド実行中/停止メトリクス
  • ポッド制限およびリクエスト数
  • ノード容量メトリクス

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。