Jira

Jira

Crawler Crawler

概要

JIRA は、ソフトウェアチームのための課題およびプロジェクト追跡システムです。このインテグレーションを使用すると、Datadog でトリガーされたアラートから課題を作成し、新しい情報が得られるたびに既存の課題を更新します。さらに、JIRA の課題の作成は、イベントとして Datadog に追加され、メトリクスに重ねて表示されます。

セットアップ

インストール

  1. Jira アカウントに移動します。

  2. 設定の歯車アイコン(画面右上)から Productsをクリックします。

  3. 左側のメニューで、INTEGRATIONS から Application links を選択します。

  4. URL https://app.datadoghq.com/ を入力し、Create new link をクリックします。: No response was received from the URL you entered という警告が表示されても、無視して Continue をクリックしてください。

  5. 下記のようにフォームに入力し、Continue をクリックします。

    フィールド 入力
    Application Name 任意の名前 (識別に使用)
    Application Type 一般的なアプリケーション
    Service Provider Name [leave blank]
    Consumer key [leave blank]
    Shared secret [leave blank]
    Request Token URL [leave blank]
    Access token URL [leave blank]
    Authorize URL [leave blank]
    Create incoming link ボックスをチェック
  6. 次のフォームに Datadog Jira インテグレーションタイルの情報を入力し、Continue をクリックします。

    フィールド 入力
    Consumer Key datadog
    Consumer Name Datadog
    Public Key Datadog Jira インテグレーションタイルを参照。

コンフィギュレーション

  1. Datadog Jira インテグレーションタイルの手順 2 で、Jira アカウントの URL を入力します。例:
    https://your-jira.atlassian.net
    
  2. 次に、Setup OAuth1 ボタンをクリックします。

課題の追加

JIRA インテグレーションをインストールしたら、Datadog でカスタム課題を作成します。

  1. まず、Add Issue ボタンをクリックします。
  2. 課題の Project key と Issue type を入力します。: 各課題は、一意のプロジェクト ID – 課題タイプの組み合わせを持ちます。
  3. オプションで、Datadog タグを <KEY:VALUE> 形式で追加します。
  4. この課題の Required fields が表示されたら、これらのフィールドにすべて入力する必要があります。
  5. Other fields はオプションです。
  6. Save ボタンをクリックします。

: 上のように、必須のフィールド Severity がある場合、使用できる値は以下に制限されます。

  • 1 - クリティカル
  • 2 - メジャー
  • 3 - マイナー

課題フィールドの入力には、値とアラートイベントに含まれる変数を使用できます。以下にすべての変数を示します。

変数 説明
$ID イベントの ID (例: 1234567)
$EVENT_TITLE イベントのタイトル (例: [Triggered] [Memory Alert])
$EVENT_MSG イベントのテキスト (例: @webhook-url Sending to the webhook)
$EVENT_TYPE イベントの種類 (例: metric_alert_monitor)
$LAST_UPDATED イベントが最後に更新された日付
$DATE イベントが発生した日付 (Epoch) (例: 1406662672000)
$AGGREG_KEY 所属が同じイベントを集約するための ID (例: 9bd4ac313a4d1e8fae2482df7b77628)
$ORG_ID オーガニゼーションの ID (例: 11023)
$ORG_NAME オーガニゼーションの名前 (例: Datadog)
$USER Webhook をトリガーしたイベントをポストしたユーザー (例: rudy)
$SNAPSHOT イベントにスナップショットが含まれている場合は、そのイメージの URL (例: https://url.to.snpashot.com/)
$LINK イベントの URL (例: https://app.datadoghq.com/event/jump_to?event_id=123456)
$PRIORITY イベントの優先度 (例: normal)
$TAGS イベントタグのカンマ区切りリスト (例: monitor, name:myService, role:computing-node)
$TEXT_ONLY_MSG マークダウン書式設定なしのイベントのテキスト
$ALERT_ID アラートの ID (例: 1234)
$ALERT_METRIC メトリクスがアラートの場合は、メトリクスの名前 (例: system.load.1)
$ALERT_QUERY Webhook をトリガーしたモニターのクエリ
$ALERT_STATUS アラートステータスのサマリー (例: system.load.1 over host:my-host was > 0 at least once during the last 1m)
$ALERT_TRANSITION アラート通知の種類 (例: Triggered)
$HOSTNAME イベントに関連付けられたサーバーのホスト名 (ある場合)
$ALERT_CYCLE_KEY アラートがトリガーした時点から解決するまでイベントにリンクする ID
$LOGS_SAMPLE ログモニターアラートからのログサンプル

ユースケース

Datadog アラートから自動的に課題を作成する

Datadog アラート内で自動的に JIRA の課題を作成するには、新しいモニター作成プロセスの “Say what’s happening” セクションで @jira-<PROJECT_NAME>-<ISSUE_TYPE> コマンドを使用します。

このアラートがトリガーされると、新しい課題が作成されます。

@jira-update コマンドを使用して、既存の課題を更新できます。このコマンドは、@jira-update コマンドに続くテキストを使用して、JIRA 課題にコメントを追加します。

ヒント – @jira コマンドを #is_alert または #is_warning 変数内で使用すると便利です。

収集データ

メトリクス

JIRA インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

作成されたすべての JIRA の課題は、Datadog 内にイベントとして表示されます。

サービスのチェック

JIRA インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。