Harbor
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Harbor

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

このチェックは、Datadog Agent を通じて Harbor を監視します。

セットアップ

インストール

Harbor チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

ホスト

ホストで実行中の Agent でこのチェックを構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、コンテナ化セクションを参照してください。

メトリクスの収集
  1. Harbor のパフォーマンスデータを収集するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの harbor.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、サンプル harbor.d/conf.yaml を参照してください。

    : コンフィギュレーションではいずれのタイプのユーザーも指定できますが、ディスクメトリクスを取得するには、管理者アクセス許可を持つアカウントが必要です。メトリクス harbor.projects.count には、指定したユーザーがアクセスできるプロジェクトの数だけが反映されます。

  2. Agent を再起動します

ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml でこれを有効にする必要があります。

    logs_enabled: true
  2. Harbor のログの収集を開始するには、次の構成ブロックを harbor.d/conf.yaml ファイルに追加します。

     logs:
       - type: file
         path: /var/log/harbor/*.log
         source: harbor
         service: '<SERVICE_NAME>'
  3. Agent を再起動します

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照して、次のパラメーターを適用してください。

メトリクスの収集
パラメーター
<インテグレーション名>harbor
<初期コンフィギュレーション>空白または {}
<インスタンスコンフィギュレーション>{"url": "https://%%host%%", "username": "<ユーザー_ID>", "password": "<ユーザーパスワード>"}
ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

Datadog Agent では、ログの収集はデフォルトで無効になっています。有効にする方法については、Kubernetes ログ収集のドキュメントを参照してください。

パラメーター
<LOG_CONFIG>{"source": "harbor", "service": "<サービス名>"}

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで harbor を探します。

収集データ

メトリクス

harbor.projects.count
(gauge)
The total number of projects.
harbor.disk.free
(gauge)
The amount of storage space that is free.
Shown as byte
harbor.disk.total
(gauge)
The total amount of storage space.
Shown as byte
harbor.registry.read_only
(gauge)
The 'read_only' status of a registry.

サービスのチェック

harbor.can_connect:
Harbor API が到達可能で、認証が成功した場合は OK を返し、それ以外の場合には CRITICAL を返します。

harbor.status:
指定された Harbor コンポーネントが健全な場合は OK を返し、それ以外の場合は CRITICAL を返します。v1.5 以前の Harbor については UNKNOWN を返します。

harbor.registry.status:
サービスが健全な場合は OK を返し、それ以外の場合は CRITICAL を返します。Harbor が使用するレプリケーション用外部レジストリの健全性を監視します。

イベント

Harbor インテグレーションには、イベントは含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。