Azure Portal の Datadog

このガイドは、Azure で US3 を使用している Datadog のお客様を対象としています。

このガイドは、Datadog リソースを使用して Azure ポータルで Azure と Datadog のインテグレーションを管理するためのものです。Azure の Datadog リソースは、Datadog オーガニゼーションと Azure サブスクリプションの間の接続を表します。このガイドに進む前に、Azure で Datadog リソースを作成してください。

Datadog リソースを使用すると、関連付けられた Azure サブスクリプション内で以下を管理できます。

  • Azure メトリクスとプラットフォームログのコレクションを構成します
  • メトリクスとログを送信する Azure リソースを確認します
  • API キーを表示し、Datadog リソース Agent のデプロイのキーのデフォルトを設定します
  • Datadog VM Agent を Azure VM にデプロイし、実行中の Agent に関する詳細を表示します
  • Datadog .NET 拡張機能を Azure Web Apps にデプロイし、インストールされている拡張機能の詳細を表示します
  • シングルサインオンを再構成します
  • Datadog オーガニゼーションの請求プランを変更します (Azure Marketplace のみ)
  • Azure インテグレーションを有効または無効にします
  • Datadog リソースを削除します

このページでは、Azure Portal の体験について説明します。CLI を使用する場合は、Datadog 用 Azure CLI を参照してください。

概要

左側のサイドバーで “Overview” を選択して、Datadog リソースの情報を表示します。

Azure US3 リソース概要

重要な情報

概要ページには、リソースグループ名、場所 (地域)、サブスクリプション、タグ、Datadog オーガニゼーションリンク、ステータス、料金プラン、請求期間など、Datadog リソースに関する重要な情報が表示されます。

: SSO が有効になっている場合、Datadog オーガニゼーションリンクは SAML リンクです。Datadog オーガニゼーションが Azure マーケットプレイスで作成された場合は、このリンクを初めて使用するときにパスワードを設定します。

リンク

概要ページには、Datadog ダッシュボード、ログ、ホストマップを表示するためのリンクがあります。

リソースサマリー

概要ページには、ログとメトリクスを Datadog に送信するリソースのサマリーテーブルが表示されます。このテーブルには、次の列が含まれています。

説明
Resource typeAzure リソースタイプ
Total resourcesリソースタイプのすべてのリソースの数
Logs to Datadogインテグレーションを通じて Datadog にログを送信するリソースの数
Metrics to Datadogインテグレーションを通じて Datadog にメトリクスを送信するリソースの数

Disable

Azure から Datadog へのログとメトリクスの送信を停止するには、概要ページで “Disable” を選択し、“OK” をクリックします。

Azure US3 のインテグレーションの無効化

: Datadog リソースを無効にすると、関連付けられたサブスクリプションの Datadog へのメトリクスとプラットフォームログの送信が停止します。Agent または拡張機能を介して Datadog に直接データを送信するサブスクリプション内のリソースは影響を受けません。

Enable

Azure から Datadog へのログとメトリクスの送信を開始するには、概要ページで “Enable” を選択し、“OK” をクリックします。ログとメトリクスの以前のコンフィギュレーションが取得され、有効になります。

Azure US3 のインテグレーションの有効化

削除

Datadog リソースを削除するには、概要ページで “Delete” を選択します。yes と入力して削除を確認し、“Delete” をクリックします。

Azure US3 の Datadog リソースの削除

Azure Marketplace を通じて請求される Datadog オーガニゼーションの場合

  • 削除された Datadog リソースが関連する Datadog オーガニゼーションにマップされた唯一の Datadog リソースである場合、ログとメトリクスは Datadog に送信されなくなり、Azure を介した Datadog のすべての請求が停止します。アカウントの次のステップを確認するために Datadog サポートがご連絡します。
  • 関連する Datadog オーガニゼーションにマップされた追加の Datadog リソースがある場合、Datadog リソースを削除すると、関連する Azure サブスクリプションのログとメトリクスの送信のみが停止します。

Datadog オーガニゼーションが Azure Marketplace を通じて請求されない場合、Datadog リソースを削除すると、その Azure サブスクリプションのインテグレーションが削除されるだけです。

Change plan

Datadog の請求プランを変更するには、概要ページで “Change Plan” を選択します。

Azure US3 のプランの変更

ポータルは、テナントで利用可能なすべての Datadog プランを取得します。これには、プライベートオファーが含まれます。適切なプランを選択し、“Change Plan” をクリックします。

Datadog org configurations

Metrics and logs

左サイドバーの “Metrics and logs” を選択すると、メトリクスとログの構成ルールを変更することができます。リソースが追加されたり、タグが変更されたりすると、すべてのルールがサブスクリプション全体に動的に適用されます。

メトリクスまたはログの構成設定の変更は、数分以内に有効になります。

メトリクスの収集

デフォルトでは、Datadog はサブスクリプション内のすべての Azure リソースのメトリクスを自動的に収集します。

オプションで、リソースにアタッチされた Azure タグを使用して、Azure VM および App Service Plans のメトリクス収集を制限します。

メトリクスの送信のタグルール
  • 仮想マシン、仮想マシンのスケーリングセット、include タグの付いた App Service Plans は Datadog にメトリクスを送信します。
  • 仮想マシン、仮想マシンのスケーリングセット、exclude タグの付いた App Service Plans は Datadog にメトリクスを送信しません。
  • 包含および除外ルールの間で競合がある場合は、除外が優先されます。
  • 他のリソースタイプのメトリクス収集を制限するオプションはありません。

ログの収集

Azure から Datadog に出力されるログは 2 種類あります。サブスクリプションレベルのログと Azure リソースのログです。

サブスクリプションレベルのログ は、コントロールプレーンにおけるリソースの運用に関するインサイトを提供します。アクティビティログを使用して、書き込み作業の何、誰、いつを決定します (PUT、POST、DELETE)。

サブスクリプションレベルのログを Datadog に送信するには、“Send subscription activity logs” を選択します。このオプションを有効にしない場合、サブスクリプションレベルのログは Datadog に送信されません。

Azure リソースログ は、データプレーンにおける Azure リソースの運用に関するインサイトを提供します。たとえば、Key Vault からシークレットを取得する、データベースへのリクエストを作成する、などはデータプレーンの運用です。リソースログのコンテンツは、Azure のサービスおよびリソースタイプにより異なります。

Azure リソースログを Datadog に送信するには、“Send Azure resource logs for all defined resources” を選択します。Azure リソースログの種類は、Azure 監視リソースログのカテゴリーに一覧があります。このオプションが有効な場合、サブスクリプションで作成された新しいリソースを含むすべてのリソースログが Datadog に送信されます。

オプションで、Azure リソースタグを使用して Datadog にログを送信する Azure リソースを絞り込むことができます。

ログ送信のタグルール
  • include タグのある Azure リソースは Datadog にログを送信します。
  • exclude タグのある Azure リソースは Datadog にログを送信しません。
  • 包含および除外ルールの間で競合がある場合は、除外が優先されます。

例えば、以下のスクリーンショットは、Datadog = True でタグ付けされた仮想マシン、仮想マシンのスケールセット、アプリのサービスプランだけが Datadog にメトリクスを送信するタグルールを示しています。Datadog = True のタグが付けられたリソース (すべてのタイプ) は、Datadog にログを送信します。

仮想マシン、仮想マシンのスケールセット、アプリのサービスプランに Datadog=true というメトリクスのタグルールが設定されているスクリーンショット。ログセクションにも Datadog=true のタグルールが構成されています

Monitored resources

左側のサイドバーで “Monitored Resources” を選択して、Datadog にログとメトリクスを送信するリソースのリストを表示します。検索を使用して、リソース名、タイプ、グループ、場所、Datadog へのログ、または Datadog へのメトリクスでリストをフィルタリングします。

Azure US3 の監視対象リソース

リソースが Datadog にログを送信している場合、“Logs to Datadog” 列には Sending と表示されます。それ以外の場合、このフィールドはログが送信されない理由として以下を示します。

理由説明
Resource doesn’t support sending logsDatadog にログを送信するように構成できるのは、モニタリングログカテゴリを持つリソースタイプのみです。
Limit of five diagnostic settings reached各 Azure リソースには、最大 5 つの診断設定を設定できます。詳細については、診断設定を参照してください。
エラーリソースは Datadog にログを送信するように構成されていますが、エラーによってブロックされています。
Logs not configuredDatadog にログを送信するように構成されているのは、適切なリソースタグを持つ Azure リソースのみです。
Region not supportedAzure リソースは、Datadog へのログの送信をサポートしていないリージョンにあります。
Datadog Agent not configuredDatadog Agent がインストールされていない仮想マシンは、Datadog にログを発行しません。

Virtual machine agent

サブスクリプション内の仮想マシン (VM) のリストを表示するには、左側のサイドバーで “Virtual machine agent” を選択します。このページでは、拡張機能として Datadog Agent を VM にインストールできます。

VM ごとに、次の情報が表示されます。

説明
Resource nameVM の名前
Resource statusVM が停止しているか実行しているか。Datadog Agent は、実行中の VM にのみインストールできます。VM が停止している場合、Datadog Agent のインストールは無効になります。
Agent バージョンDatadog Agent のバージョン番号
Agent のステータスDatadog Agent が VM で実行されているかどうか。
Integrations enabledDatadog Agent で有効なインテグレーションによって収集される主要なメトリクス。
Install methodChef、Azure VM 拡張機能など、Datadog Agent のインストールに使用される特定のツール。
Sending logsDatadog Agent が Datadog にログを送信しているかどうか。

Install

Datadog Agent をインストールするには、適切な VM を選択し、“Install Agent” をクリックします。ポータルで、デフォルトのキーを使用して Agent をインストールすることの確認が求められます。“OK” を選択してインストールを開始します。Agent がインストールされてプロビジョニングされるまで、Azure はステータスを Installing (インストール中) と表示します。Datadog Agent がインストールされると、ステータスが Installed (インストール済み) に変わります。

アンインストール

Datadog Agent が Azure VM 拡張機能とともにインストールされている場合は、適切な VM を選択して、“Uninstall Agent” をクリックすることで、Agent をアンインストールできます。

Agent が別の方法でインストールされた場合、Datadog リソースを使用して Agent をデプロイまたは削除することはできませんが、Agent に関する情報は引き続きこのページに反映されます。

App Service extension

サブスクリプション内のアプリサービスのリストを表示するには、左側のサイドバーで “App Service extension” を選択します。このページでは、Azure App Service に Datadog 拡張機能をインストールして、APM トレースとカスタムメトリクスを有効にすることができます。

アプリサービスごとに、次の情報が表示されます。

説明
Resource nameアプリ名
Resource statusアプリサービスが停止しているか実行しているか。インストールを開始するには、アプリサービスが実行されている必要があります。アプリサービスが停止している場合、Datadog Agent のインストールは無効になります。
App service planアプリサービス用に構成された特定のプラン
Extension versionDatadog 拡張機能バージョン番号

Install

Datadog 拡張機能をインストールするには、適切なアプリを選択し、“Install Extension” をクリックします。ポータルで、拡張機能をインストールすることの確認が求められます。“OK” を選択してインストールを開始します。これにより、アプリが再起動し、次の設定が追加されます。

  • DD_API_KEY:<DEFAULT_API_KEY>
  • DD_SITE:us3.datadoghq.com
  • DD_LOGS_INJECTION:true

Agent がインストールされてプロビジョニングされるまで、Azure はステータスを Installing (インストール中) と表示します。 Datadog Agent がインストールされると、ステータスが Installed (インストール済み) に変わります。

: サポートされているランタイムでアプリに拡張機能を追加していることを確認してください。Datadog リソースは、アプリのリストを制限またはフィルタリングしません。

アンインストール

Datadog 拡張機能をアンインストールするには、適切なアプリを選択し、“Uninstall Extension” をクリックします。

設定

Single sign-on

シングルサインオンを再構成するには、左側のサイドバーで “Single sign-on” を選択します。

Azure Active Directory を介してシングルサインオンをアクティブ化するには、“Enable single sign-on” を選択します。ポータルは、Azure Active Directory から適切な Datadog アプリケーションを取得します。アプリ名は、インテグレーションをセットアップするときに選択したエンタープライズアプリ名です。以下に示すように、Datadog アプリケーション名を選択します。

Azure US3 シングルサインオン

API キー

左側のサイドバーで “Keys” を選択して、Datadog リソースの API キーのリストを表示します。

Azure US3 API キー

Azure ポータルは、API キーの読み取り専用ビューを提供します。キーを管理するには、“Datadog portal” リンクを選択します。Datadog で変更を加えた後、Azure ポータルビューを更新します。

Azure Datadog インテグレーションにより、Datadog Agent を VM またはアプリサービスにインストールできます。デフォルトのキーが選択されていない場合、Datadog Agent のインストールは失敗します。

その他の参考資料