Google Storage
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Google Storage

Crawler Crawler

概要

Google Cloud Storage は、ライブデータの提供からデータ分析/ML、データアーカイブまで、さまざまな機能を備えた開発者/企業向けの統合型オブジェクトストレージです。

Google Storage からメトリクスを取得して、以下のことができます。

  • Storage サービスのパフォーマンスを視覚化。
  • Storage サービスのパフォーマンスをアプリケーションと関連付け。

セットアップ

インストール

Google Cloud Platform インテグレーションをまだセットアップしていない場合は、最初にセットアップします。それ以上のインストール手順はありません。

構成

カスタム Cloud Storage ラベルをタグとして収集するには、Cloud Asset Inventory のアクセス権を有効にします。

ログの収集

Google Cloud Storage のログは Stackdriver により収集され、HTTP プッシュフォワーダーを使用して Cloud Pub/Sub へ送信されます。HTTP プッシュフォワーダーを使用した Cloud Pub/Sub をまだセットアップしていない場合は、これをセットアップしてください。

セットアップが完了したら、Google Cloud Storage のログを Stackdriver から Pub/Sub へエクスポートします。

  1. Stackdriver ページに移動し、Google Cloud Storage のログを絞り込みます。
  2. Create Export をクリックし、シンクに名前を付けます。
  3. エクスポート先として「Cloud Pub/Sub」を選択し、エクスポート用に作成された Pub/Sub を選択します。: この Pub/Sub は別のプロジェクト内に配置することもできます。
  4. 作成をクリックし、確認メッセージが表示されるまで待ちます。

収集データ

メトリクス

gcp.storage.api.request_count
(count)
Number of API calls.
Shown as request
gcp.storage.network.received_bytes_count
(count)
Number of bytes received over the network.
Shown as byte
gcp.storage.network.sent_bytes_count
(count)
Number of bytes sent over the network.
Shown as byte
gcp.storage.storage.object_count
(count)
Total number of objects per bucket.
Shown as object

イベント

Google Cloud Storage インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

Google Cloud Storage インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。