Red Hat Gluster Storage

Red Hat Gluster Storage

Agent Check Agentチェック

Linux OS Supported

概要

このチェックは、Datadog Agent を介して RedHat Gluster Storage クラスターの状態、ボリューム、ブリックステータスを監視します。 この GlusterFS インテグレーションは、RedHat ベンダーバージョンとオープンソースバージョンの GlusterFS の両方と互換性があります。

セットアップ

ホストで実行されている Agent 用にこのチェックをインストールおよび構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照してこの手順を行ってください。

インストール

GlusterFS チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。 サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

  1. GlusterFS のパフォーマンスデータの収集を開始するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの glusterfs.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル glusterfs.d/conf.yaml を参照してください。

    init_config:
    
     ## @param gstatus_path - string - optional - default: /opt/datadog-agent/embedded/sbin/gstatus
     ## Path to the gstatus command.
     ##
     ## A version of the gstatus is shipped with the Agent binary.
     ## If you are using a source install, specify the location of gstatus.
     #
     # gstatus_path: /opt/datadog-agent/embedded/sbin/gstatus
    
     instances:
       -
         ## @param min_collection_interval - number - optional - default: 60
         ## The GlusterFS integration collects cluster-wide metrics which can put additional workload on the server.
         ## Increase the collection interval to reduce the frequency.
         ##
         ## This changes the collection interval of the check. For more information, see:
         ## https://docs.datadoghq.com/developers/write_agent_check/#collection-interval
         #
         min_collection_interval: 60
    

    : デフォルトでは、gstatus はスーパーユーザーとして実行する必要がある gluster コマンドを内部的に呼び出します。次のような行を sudoers ファイルに追加します。

     dd-agent ALL=(ALL) NOPASSWD:/path/to/your/gstatus
    

    GlusterFS 環境が root を必要としない場合は、use_sudo コンフィギュレーションオプションを false に設定します。

  2. Agent を再起動します

ログの収集

  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml ファイルでこれを有効にします。

    logs_enabled: true
    
  2. GlusterFS のログの収集を開始するには、glusterfs.d/conf.yaml ファイルでこのコンフィギュレーションブロックを編集します。

    logs:
      - type: file
        path: /var/log/glusterfs/glusterd.log
        source: glusterfs
      - type: file
        path: /var/log/glusterfs/cli.log
        source: glusterfs
    

path パラメーターの値を環境に合わせて変更します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、conf.yaml のサンプルを参照してください。

  1. Agent を再起動します

Kubernetes 環境でログを収集する Agent を構成する追加の情報に関しては、[Datadog ドキュメント][6]を参照してください。

検証

[Agent の status サブコマンドを実行][7]し、Checks セクションで glusterfs を探します。

収集データ

メトリクス

glusterfs.brick.block_size
(gauge)
Block Size of brick
Shown as byte
glusterfs.brick.inodes.free
(gauge)
Free inodes in brick
Shown as byte
glusterfs.brick.inodes.total
(gauge)
Total inodes in brick
Shown as byte
glusterfs.brick.inodes.used
(gauge)
Inode used in brick
Shown as byte
glusterfs.brick.online
(gauge)
Number of bricks online
Shown as unit
glusterfs.brick.size.free
(gauge)
Brick size free
Shown as byte
glusterfs.brick.size.total
(gauge)
Total brick size
Shown as byte
glusterfs.brick.size.used
(gauge)
Current bytes used in brick
Shown as byte
glusterfs.cluster.nodes.active
(gauge)
Current active nodes
Shown as node
glusterfs.cluster.nodes.count
(gauge)
Total number of nodes in cluster
Shown as node
glusterfs.cluster.volumes.count
(gauge)
Number of volumes in cluster
Shown as unit
glusterfs.cluster.volumes.started
(gauge)
Number of volumes started in cluster
Shown as unit
glusterfs.subvol.disperse
(gauge)
Disperse count of subvolume
Shown as unit
glusterfs.subvol.disperse_redundancy
(gauge)
Disperse redundancy of subvolume
Shown as unit
glusterfs.subvol.replica
(gauge)
Replicas in subvolume
Shown as unit
glusterfs.volume.bricks.count
(gauge)
Number of bricks in volume
Shown as unit
glusterfs.volume.disperse
(gauge)
Number of dispersed in volume
Shown as unit
glusterfs.volume.disperse_redundancy
(gauge)
Number of disperse redundancy in volume
Shown as unit
glusterfs.volume.distribute
(gauge)
Number of distributed
Shown as unit
glusterfs.volume.inodes.free
(gauge)
Inodes free in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.inodes.total
(gauge)
Total size inodes in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.inodes.used
(gauge)
Used bytes of inodes in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.online
(gauge)
Number of volumes online
Shown as unit
glusterfs.volume.replica
(gauge)
Replicas in volumes
Shown as unit
glusterfs.volume.size.free
(gauge)
Bytes free in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.size.total
(gauge)
Bytes total in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.size.used
(gauge)
Bytes used in volume
Shown as byte
glusterfs.volume.snapshot.count
(gauge)
number of snapshots of volume
Shown as byte
glusterfs.volume.used.percent
(gauge)
percentage of volume used
Shown as percent

サービスのチェック

glusterfs.brick.health:
サブボリュームが ‘degraded’ の場合は CRITICAL を返します。‘up’ の場合は OK を返します。

glusterfs.volume.health:
ボリュームが ‘degraded’ の場合は CRITICAL を返します。‘up’ の場合は OK を返します。

glusterfs.cluster.health:
クラスターが ‘degraded’ の場合は CRITICAL を返します。それ以外の場合は OK を返します。

イベント

GlusterFS には、イベントは含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、[Datadog のサポートチーム][9]までお問い合わせください。

[6]: [7]: https://docs.datadoghq.com/ja/agent/guide/agent-commands/#agent-status-and-information [8]: https://github.com/DataDog/integrations-core/blob/master/glusterfs/metadata.csv [9]: https://docs.datadoghq.com/ja/help/