Fluent Bit
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Fluent Bit

概要

Fluent Bit を構成して、ログデータを複数の異なるソースから収集してパースし、Datadog に転送して監視します。Fluent Bit のメモリサイズは小さい (最大 450 KB) ため、コンテナ化されたサービスや埋め込み Linux システムなど、制約のあるリソース環境でログを収集するために使用できます。Datadog の Fluent Bit アウトプットプラグインは Fluent Bit v1.3.0 以降に対応しています。

セットアップ

下記の手順に従ってホストで Fluent Bit を構成します。AWS ECS で Fluent Bit を構成する場合は、ECS Fluent Bit と firelense ドキュメントを参照してください。

ログの収集

初めに、Datadog アカウントDatadog API キーを確認し、Datadog Logs Management を有効にする必要があります。

  1. コンフィギュレーションファイルの推奨メソッドを使用して、Fluent Bit を インストールおよび構成します。
  2. Fluent Bit コンフィギュレーションファイルをアップデートし、アウトプットプラグインとして Datadog に追加します。コンフィギュレーションパラメーターの詳細情報については、コンフィギュレーションパラメーターの表 を参照してください。たとえば、[OUTPUT] コンフィギュレーションセクションについては、コンフィギュレーションファイルの例 を確認してください。
  3. Fluent Bit からログの送信を開始したら、Datadog Logs Explorer ページでログを検証します。

コンフィギュレーションパラメーター

キー説明デフォルト
ホスト必須 - ログの送信先となる Datadog サーバー。US - http-intake.logs.datadoghq.com、EU - http-intake.logs.datadoghq.eu
TLS必須 - エンドツーエンドの安全な通信のためのセキュリティプロトコル。Datadog ではこれを on に設定するよう推奨しています。off
apikey必須 - Datadog API キー
圧縮推奨 - ペイロードを GZIP 形式で圧縮します。Datadog はこれを gzip と設定することをサポートおよび推奨します。
dd_service推奨 - ログを生成するサービス (アプリケーションまたはデータベース) の名前。人間が解読可能であること。
dd_source推奨 - サービスの基盤となるテクノロジーの名前。人間が解読可能であること。たとえば postgresnginx など。
dd_message_key推奨 - ログメッセージを保存するために属性を使用するように設定します。
dd_tags任意 - Datadog のログに割り当てるタグ
プロバイダー任意 - 使用するプロバイダー。Fargate Tasks から Datadog にログを送信する場合は、これを ecs に設定します。

コンフィギュレーションファイルの例

[OUTPUT]
    Name              datadog
    Match             *
    Host              http-intake.logs.datadoghq.com
    TLS               on
    compress          gzip
    apikey            <DATADOG_API_キー>
    dd_service       <アプリケーション_サービス> 
    dd_source         <ソース>
    dd_message_key    log
    dd_tags           env:dev,<タグキー>:<タグ値>

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: