Catchpoint
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

Catchpoint

Crawler Crawler

概要

Catchpoint は、素晴らしいユーザーエクスペリエンスの提供に役立つデジタルパフォーマンス分析プラットフォームです。

Catchpoint を Datadog と接続すると、以下のことができます。

  • イベントストリームで包括的なアラートを構成できます。
  • Catchpoint ポータル内の分析チャートに直接リンクできます。
  • タイプタグに対してアラートを生成して簡単に絞り込むことができます。

セットアップ

インストール

インストールは必要ありません。

コンフィグレーション

ストリームに Catchpoint のアラートを取り込むには、Catchpoint ポータルにログインし、Settings -> API に移動します。

  1. Alerts API で Enable を選択します。
  2. DataDog エンドポイント URL を入力します。

    https://app.datadoghq.com/api/v1/events?api_key=<YOUR_DATADOG_API_KEY>

DataDog の API キーも必要です。これは、DataDog ポータルで作成できます。

  1. Status を Active に設定します。
  2. Format は Template を選択します。
  3. 新しいテンプレートを追加します。
  4. テンプレート名 (例: DataDog) を入力し、Format を JSON に設定します。
  5. 以下の JSON テンプレートを使用し、これを保存します。

    {
    "title": "${TestName} [${TestId}] - ${switch(${notificationLevelId},'0','WARNING','1','CRITICAL','3','OK')}",
    "text": "${TestName} - http://portal.catchpoint.com/ui/Content/Charts/Performance.aspx?tList=${testId}&uts=${alertProcessingTimestampUtc}&z=&chartView=1",
    "priority": "normal",
    "tags": [
        "alertType:${Switch(${AlertTypeId},'0', 'Unknown','2', 'Byte Length','3','Content Match','4', 'Host Failure','7', 'Timing','9', 'Test Failure', '10',Insight', '11','Javascript Failure', '12', 'Ping',13, 'Requests')}"
    ],
    "alert_type": "${switch(${notificationLevelId},'0','warning','1','error','3','success')}",
    "source_type_name": "catchpoint"
    }

これで、Catchpoint は、すべてのアラートを DataDog のイベントストリームに直接送信するようになります。

収集データ

メトリクス

Catchpoint インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

Catchpoint インテグレーションは、Catchpoint イベントを Datadog のイベントストリームにプッシュします。

Service Checks

Catchpoint インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。