Amazon EventBridge
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

Amazon EventBridge

Crawler クローラー

概要

Amazon EventBridge と Datadog のインテグレーションは、以下の機能を提供します。

  • 複数の統合 AWS アカウントを対象にしてカスタムイベントバスを作成します。
  • 選択したイベントバスに Datadog アラート通知イベントを送信します。
  • AWS 内で、Kinesis、Lambda などのサービスを使用してイベントバスにトリガーをセットアップします。
  • アラートイベント内の情報を使用して、自動修復パイプラインやランブックの実行、分析クエリの実行などを行います。

セットアップ

Amazon Web Services インテグレーションをまだセットアップしていない場合は、最初にセットアップします。

インストール

  1. アラート通知を受信する AWS アカウントにそれぞれメイン AWS インテグレーションがインストールされていることを確認します。
  2. Datadog – AWS ロールのアクセス許可ポリシーに次の項目が含まれていることを確認します。 events:CreateEventBus
  3. AWS EventBridge はメイン AWS インテグレーションと共に自動的にインストールされます。

コンフィグレーション

  1. Datadog - Amazon EventBridge インテグレーションタイルに移動し、Datadog に統合されている AWS アカウント一覧を確認します。イベントブリッジはここで作成できます。
  2. 選択した AWS アカウントで、イベントバスの名前を指定し、そのイベントバスを置くリージョンを選択して、新しいイベントバスを作成します。
  3. Datadog アラートで、@awseventbridge-<MY_EVENT_BUS> 構文を使用して、イベントバスにアラート通知を送信します。
  4. AWS で、イベントバスをターゲット (Lambda、Kinesis、その他のサービス) に接続して、イベント駆動型のワークフローを作成します。
  5. Datadog の使用例は、AWS コンソールのパートナーページに掲載されています。
  6. Datadog でイベントバスの接続を解除するには、該当するイベントバスの上にマウスポインターを合わせ、ゴミ箱アイコンをクリックします。: このアクションにより イベントバスの接続が AWS から解除されますが、AWS 内でイベントバスそのものが削除されるわけではありません。

収集データ

メトリクス

Amazon EventBridge インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

Amazon EventBridge インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

Amazon EventBridge インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。