Agent メトリクス

Agent Check Agentチェック

Supported OS Linux Mac OS Windows

概要

Agent Metrics サービスからメトリクスをリアルタイムに取得して、以下のことができます。

  • agent_metrics の状態を視覚化および監視できます。
  • agent_metrics のフェイルオーバーとイベントの通知を受けることができます。

: Agent v6 では、新しい内部アーキテクチャを利用するために、Agent Metrics チェックは Go で書き直されています。このチェックは引き続きメンテナンスされていますが、メジャーバージョン 6 より前の Agent でのみ動作します

Agent v6 以降で Agent メトリクスを収集するには、Agent にパッケージ化されている agent_stats.yaml 構成ファイルGo-expvar チェックを使用してください。

セットアップ

インストール

Agent Metrics チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

  1. サーバーとポートを指定し、監視するマスターを設定するには、Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの agent_metrics.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル agent_metrics.d/conf.yaml を参照してください。

  2. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで agent_metrics を探します。

収集データ

収集されたすべてのデータは、Agent v5 でのみ使用できます。

メトリクス

datadog.agent.started
(count)
datadog.agent.running
(gauge)
datadog.agent.python.version
(gauge)

イベント

Agent Metrics チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

Agent Metrics チェックには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問い合わせください。