ActiveMQ
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

ActiveMQ

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

ActiveMQ チェックは、ブローカーとキュー、プロデューサーとコンシューマーなどのメトリクスを収集します。

: バージョン 5.8.0 以前の ActiveMQ を実行している場合は、Agent 5.10.x リリースのサンプルファイルを参照してください。

セットアップ

インストール

Agent の ActiveMQ チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。ActiveMQ ノードに追加でインストールする必要はありません。

このチェックは、メトリクスを JMX 経由で収集するため、Agent が jmxfetch をフォークできるように、各ノード上に JVM が必要です。Oracle 提供の JVM を使用することをお勧めします。

コンフィギュレーション

ホスト

ホストで実行中の Agent に対してこのチェックを構成するには:

  1. ActiveMQ サーバーで JMX Remote が有効になっていることを確認します。

  2. ActiveMQ に接続するように Agent を構成します。Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの activemq.d/conf.yaml を編集します。使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル activemq.d/conf.yaml を参照してください。

    instances:
      - host: localhost
        port: 1616
        user: username
        password: password
        name: activemq_instance
    # List of metrics to be collected by the integration
    # You should not have to modify this.
    init_config:
      conf:
        - include:
          Type: Queue
          attribute:
            AverageEnqueueTime:
              alias: activemq.queue.avg_enqueue_time
              metric_type: gauge
            ConsumerCount:
              alias: activemq.queue.consumer_count
              metric_type: gauge
            ProducerCount:
              alias: activemq.queue.producer_count
              metric_type: gauge
            MaxEnqueueTime:
              alias: activemq.queue.max_enqueue_time
              metric_type: gauge
            MinEnqueueTime:
              alias: activemq.queue.min_enqueue_time
              metric_type: gauge
            MemoryPercentUsage:
              alias: activemq.queue.memory_pct
              metric_type: gauge
            QueueSize:
              alias: activemq.queue.size
              metric_type: gauge
            DequeueCount:
              alias: activemq.queue.dequeue_count
              metric_type: counter
            DispatchCount:
              alias: activemq.queue.dispatch_count
              metric_type: counter
            EnqueueCount:
              alias: activemq.queue.enqueue_count
              metric_type: counter
            ExpiredCount:
              alias: activemq.queue.expired_count
              type: counter
            InFlightCount:
              alias: activemq.queue.in_flight_count
              metric_type: counter
    
        - include:
          Type: Broker
          attribute:
            StorePercentUsage:
              alias: activemq.broker.store_pct
              metric_type: gauge
            TempPercentUsage:
              alias: activemq.broker.temp_pct
              metric_type: gauge
            MemoryPercentUsage:
              alias: activemq.broker.memory_pct
              metric_type: gauge
    
  3. Agent を再起動します

ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml ファイルでこれを有効にします。

    logs_enabled: true
    
  2. ActiveMQ のログ収集を開始するには、次のコンフィギュレーションブロックを activemq.d/conf.yaml ファイルに追加します。

    logs:
      - type: file
        path: "<ACTIVEMQ_BASEDIR>/data/activemq.log"
        source: activemq
        service: "<SERVICE_NAME>"
      - type: file
        path: "<ACTIVEMQ_BASEDIR>/data/audit.log"
        source: activemq
        service: "<SERVICE_NAME>"
    
  3. Agent を再起動します

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照して、次のパラメーターを適用してください。

メトリクスの収集
パラメーター
<インテグレーション名>activemq
<初期コンフィギュレーション>空白または {}
<インスタンスコンフィギュレーション>{"host": "%%host%%","port":"1099"}
ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。有効にする方法については、Kubernetes ログ収集のドキュメントを参照してください。

パラメーター
<LOG_CONFIG>{"source": "activemq", "service": "<YOUR_APP_NAME>"}

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで activemq を探します。

収集データ

メトリクス

activemq.queue.avg_enqueue_time
(gauge)
On average the amount of time (ms) that messages remained enqueued.
Shown as millisecond
activemq.queue.consumer_count
(gauge)
The number of consumers connected
activemq.queue.producer_count
(gauge)
The number of producers connected
activemq.queue.max_enqueue_time
(gauge)
The max the amount of time (ms) that messages remained enqueued.
Shown as millisecond
activemq.queue.min_enqueue_time
(gauge)
The min the amount of time (ms) that messages remained enqueued.
Shown as millisecond
activemq.queue.memory_pct
(gauge)
The percentage of memory currently in use
Shown as percent
activemq.queue.size
(gauge)
The amount of messages that remained queued.
Shown as message
activemq.queue.dequeue_count
(gauge)
The amount of messages that remained dequeued.
Shown as message
activemq.queue.dispatch_count
(gauge)
The amount of messages that have been dispatched.
Shown as message
activemq.queue.enqueue_count
(gauge)
The amount of messages that have been enqueued.
Shown as message
activemq.queue.expired_count
(gauge)
The amount of messages that have been expired.
Shown as message
activemq.queue.in_flight_count
(gauge)
The amount of messages that have been in flight.
Shown as message
activemq.broker.store_pct
(gauge)
The percentage of store in use.
Shown as percent
activemq.broker.temp_pct
(gauge)
The percentage of temporary in use.
Shown as percent
activemq.broker.memory_pct
(gauge)
The percentage of memory in use.
Shown as percent

イベント

ActiveMQ チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

activemq.can_connect:
Agent が監視対象の ActiveMQ インスタンスに接続できず、メトリクスを収集できない場合は、CRITICAL が返されます。そうでない場合は OK が返されます。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事:

ActiveMQ XML インテグレーション

概要

ActiveMQ XML からメトリクスをリアルタイムに取得すると、以下のことが可能になります。

  • ActiveMQ XML の状態を視覚化および監視できます。
  • ActiveMQ XML のフェイルオーバーとイベントの通知を受けることができます。

セットアップ

インストール

ActiveMQ XML チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。サーバーに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

ホストで実行中の Agent でこのチェックを構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、コンテナ化セクションを参照してください。

ホスト

ホストで実行中の Agent に対してこのチェックを構成するには:

  1. ご使用の統計 url で、Agent の構成ディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの activemq_xml.d/conf.yaml を編集します。使用可能なすべての構成オプションの詳細については、サンプル activemq_xml.d/conf.yaml を参照してください。

    : ActiveMQ XML インテグレーションではカスタムメトリクスを送信することができますが、これはお客様の請求に影響します。デフォルトでは、メトリクス数は 350 に制限されています。メトリクスの追加が必要な場合は、Datadog のサポートチームにお問い合わせください。

  2. Agent を再起動します

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、JMX を使用したオートディスカバリーのガイドを参照してください。

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで activemq_xml を検索します。

収集データ

メトリクス

activemq.queue.count
(gauge)
The number of queues.
activemq.queue.consumer_count
(gauge)
The number of consumers of a queue.
activemq.queue.dequeue_count
(gauge)
The total number of messages sent to a queue since the last restart.
Shown as message
activemq.queue.enqueue_count
(gauge)
The total number of messages removed from a queue (acknowledged by consumer) since the last restart.
Shown as message
activemq.queue.size
(gauge)
The size of a queue.
activemq.topic.count
(gauge)
The number of topics.
activemq.topic.consumer_count
(gauge)
The number of consumers of a topic.
activemq.topic.dequeue_count
(gauge)
The total number of messages sent to a topic since the last restart.
Shown as message
activemq.topic.enqueue_count
(gauge)
The total number of messages removed from a topic (acknowledged by consumer) since the last restart.
Shown as message
activemq.topic.size
(gauge)
The size of a topic.
activemq.subscriber.count
(gauge)
The number of subscribers.
activemq.subscriber.dequeue_counter
(gauge)
The number of messages sent to and acknowledged by the client.
Shown as message
activemq.subscriber.dispatched_counter
(gauge)
The number of messages sent to the client.
Shown as message
activemq.subscriber.dispatched_queue_size
(gauge)
The number of messages dispatched that are awaiting acknowledgement.
Shown as message
activemq.subscriber.enqueue_counter
(gauge)
The number of messages that matched the subscription.
Shown as message
activemq.subscriber.pending_queue_size
(gauge)
The number of messages pending delivery.
Shown as message

イベント

ActiveMQ XML チェックには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

ActiveMQ XML チェックには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料