Datadog の開始
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Datadog の開始

このページでは、Datadog US サイトおよび EU サイトの機能に関する高度な概要を説明します。

: Datadog アプリケーションのナビゲーションは、ブラウザの幅に基づいて切り替わります。3 種類のナビゲーションを利用でき、ナビゲーションタイプを変更するにはブラウザの幅を調節します。

インテグレーション

ログ管理

Datadog ログ管理を使用すると、アプリケーションとインフラストラクチャーによって生成されたすべてのログを送信して処理できます。インデックスを作成せずに、Live Tail を使用してリアルタイムにログを観察できます。アプリケーションとインフラストラクチャーからすべてのログを取り込み、フィルターを使用して動的にインデックス化するものを決定し、それらをアーカイブに保存できます。

APM と分散型トレーシング

Datadog Application Performance Monitoring(APM またはトレース)を利用すると、ログやインフラストラクチャーの監視と合わせて、リクエストの量やレイテンシーなどの重要なメトリクスを監視するために自動生成されたダッシュボードから、個々のリクエストの詳細なトレースに至るまで、アプリケーションのパフォーマンスを深く理解することができます。アプリケーションに対してリクエストが行われると、Datadog は分散システム全体でトレースを確認できるため、このリクエストに対して何が起こっているかについての体系的なデータを表示できます。

インフラストラクチャー

ホストマップ

ホストマップは、インフラストラクチャーメニューにある機能です。この機能を使用すると、以下のことができます。

  • 環境のすばやい可視化
  • 外れ値の特定
  • 利用パターンの検出
  • リソースの最適化

ホストマップの詳細は、ホストマップに関するドキュメントを参照してください。

イベント

イベントストリームには、ブログと同じルールが適用されます。つまり、

  • ストリーム内のイベントにコメントできます。
  • チームメンバーが分散していても、調査内容をまとめて管理できます。
  • イベントを usersourcetaghoststatuspriorityincident絞り込むことができます。

各インシデントに対して次の操作が可能です。

ダッシュボード

ダッシュボードには、リアルタイムのパフォーマンスメトリクスがグラフで表示されます。

  • スクリーンボードにあるすべてのグラフは、同じマウス操作で閲覧可能。
  • 棒グラフはイベントです。これによってコンテキストにメトリクスを与えることができます。
  • グラフ内の特定のタイムフレームをクリックアンドドラッグで拡大表示できます。
  • グラフ内にマウスポインターを合わせて、イベントストリームを移動させることができます。
  • ゾーン、ホスト、総使用量別に表示。
  • Datadog はグラフの JSON エディターを公開します。これにより、数式関数をメトリクスに適用できます。
  • グラフのスナップショットをストリームに表示して共有できます。
  • グラフを iframe に埋め込むことができます。これにより、自社のデータやその他の情報へのアクセス権を付与しなくても、サードパーティにライブグラフを提供することができます。

モニター

モニターは、メトリクスのしきい値、インテグレーションの有無、ネットワークエンドポイントなどに基づいて、アラートと通知を提供します。

  • Datadog に報告される任意のメトリクスを使用できます。
  • マルチアラートをセットアップ (デバイスごと、ホストごとなど) できます。
  • アラートメッセージで @ を使用することで適切な相手に通知を届けることができます。
  • ダウンタイムをスケジューリングすると、システムシャットダウン時やオフラインメンテナンス時などに通知を停止できます。

ネットワークパフォーマンスモニタリング

Datadog Network Performance Monitoring (NPM) を使用すると、コンテナからホスト、サービス、アベイラビリティーゾーンまで、Datadog のタグ付きオブジェクト全体のネットワークトラフィックを可視化できます。データセンターからチーム、個々のコンテナまで、何でもグループ化します。タグを使用して、送信元と宛先でトラフィックをフィルタリングします。次に、フィルターはフローに集約され、それぞれがカスタマイズ可能なネットワークページとネットワークマップを通じて、1 つの送信元と 1 つの宛先間のトラフィックを示します。各フローには、スループット、帯域幅、再送信数、および IP、ポート、PID レベルまでの送信元/宛先情報などのネットワークメトリクスが含まれます。次に、トラフィック量や TCP 再送信などの主要なメトリクスを報告します。

リアルユーザーモニタリング

Datadog リアルユーザーモニタリング (RUM) を使用すると、個々のユーザーのリアルタイムのアクティビティとエクスペリエンスを視覚化および分析し、ビジネス上の影響が最も大きい機能のエンジニアリング作業を優先することができます。 ロード時間、フロントエンドエラー、ページの依存関係を視覚化し、ビジネスメトリクスとアプリケーションメトリクスを関連付けることができるため、単一のダッシュボードでアプリケーション、インフラストラクチャー、ビジネスメトリクスを使って迅速にトラブルシューティングできます。

サーバーレス

サーバーレスでは、すべてのコンピューティングリソースをクラウドプロバイダーが管理し、ユーザーはイベント駆動型コードを記述したら、それをクラウドプロバイダーにアップロードして使用できます。Datadog Serverless は、サーバーレスアプリケーションを実行している AWS Lambda 関数からのメトリクス、トレース、ログを 1 つのビューにまとめて表示します。このため、エラー、高レイテンシー、またはコールドスタートを生成している関数に絞り込むことにより、パフォーマンスを最適化できます。

セキュリティモニタリング

Datadog セキュリティモニタリングは、アプリケーションやインフラストラクチャーに対する脅威を自動検出します。たとえば、標的型攻撃、脅威のインテルリストに一致するシステムと通信する IP、安全でないコンフィギュレーションなどがあります。こうした脅威は、Datadog でセキュリティシグナルとして表面化され、セキュリティエクスプローラーで相関およびトリアージできます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: