トップリストウィジェット
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

トップリストウィジェット

トップリスト可視化機能を使用すると、hostnameservice などのタグ値のリストを任意のメトリクス値の最大値または最小値と共に表示できます。たとえば、CPU を多く使用しているサービス、ディスクの空き容量が少ないホストなどをリストできます。

セットアップ

コンフィギュレーション

  1. グラフ化するデータを選択します。

  2. オプション: エントリの値に応じて、条件付き書式を構成します。

オプション

グローバルタイム

スクリーンボードとノートブックの場合にのみ、ウィジェットがカスタムタイムフレームを持つか、グローバルタイムフレームを使用するかを選択します。

タイトル

Show a Title チェックボックスをオンにして、ウィジェットのカスタムタイトルを表示します。

オプションで、サイズと配置を定義できます。

API

トップリストウィジェットのウィジェット JSON スキーマ定義は次のとおりです。

TOPLIST_SCHEMA = {
    "type": "object",
    "properties": {
        "type": {"enum": ["toplist"]},
        "requests": {
            "type":     "array",
            "items":    REQUEST_SCHEMA,
            "minItems": 1,
            "maxItems": 1
        },
        "title": {"type": "string"}
    },
    "required": ["type", "requests"],
    "additionalProperties": false
}
パラメーター必須説明
type文字列はいウィジェットのタイプ。トップリストウィジェットには toplist を使用します。
requestsオブジェクトの配列はいウィジェットに表示する 1 つの request オブジェクトの配列。REQUEST_SCHEMA の作成方法については、リクエスト JSON スキーマに関するドキュメントを参照してください。
title文字列いいえウィジェットのタイトル。

request オブジェクトでは、以下のプロパティも使用できます。

{
   "conditional_formats": CONDITIONAL_FORMATS_SCHEMA
}
パラメーター必須説明
conditional_formatsobjectいいえ条件付き書式コントロールのオプション。CONDITIONAL_FORMATS_SCHEMA の作成方法については、条件付き書式 JSON スキーマに関するドキュメントを参照してください。

その他の参考資料