リストウィジェット

リストウィジェットでは、上位の問題のリストを表示することができます。

エラーの一覧、エラー数、エラー量を表示するリストウィジェットです。

セットアップ

リストウィジェットの構成モーダル

コンフィギュレーション

  1. グラフ化するデータの種類を選択します。問題、ログ、監査証跡、イベントからリストウィジェットを作成することができます。

  2. ディスプレイの環境設定を行います。スクリーンボードとノートブックの場合にのみ、ウィジェットがカスタムタイムフレームを持つか、グローバルタイムフレームを使用するかを選択します。

  3. オプション: グラフにタイトルを付けます (または、提案されたタイトルを使用するには空白のままにします)。

オプション

ソート方法

上位の問題については、以下でソートすることができます。

  • エラー数 (デフォルト)
  • 最初に遭遇
  • 影響を受けたセッション

注: “Sorting by” の選択を変更しても、表示される列は変わりません。影響を受けたセッションでソートするようにリストを変更し、これをウィジェットに表示したい場合、グラフエディタに “Impacted Sessions” も選択または追加する必要があります。

API

このウィジェットは、ダッシュボード API とともに使用できます。詳しくは、ダッシュボード API ドキュメントをご参照ください。

その他の参考資料