分布ウィジェット
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

分布ウィジェット

分布の可視化は、1 つまたは複数のタグ (hosts など) に対して集計されたメトリクスを表示する方法の 1 つです。ヒートマップと異なり、分布グラフの x 軸は時間ではなく数量を表します。

この可視化機能は、1 つのメトリクスクエリのみを表示します。追加のクエリは無視されます。

: この可視化で外れ値の検出を行うことはできません。

セットアップ

コンフィギュレーション

通常どおりにメトリクスクエリを構成します。この可視化タイプは、メトリクスが host ごとなどの複数のタグキーに対して集計される場合にのみ有用です。 avg/max/min/sum by のコントロールで選択を行い、関連付けられているタグのデータを表示します。

オプション

表示設定

グローバルタイム

スクリーンボードの場合にのみ、ウィジェットがカスタムタイムフレームを持つか、スクリーンボードのグローバルタイムフレームを持つかを選択します。

凡例

Show legend on graph を使用して、ウィジェットの凡例の表示/非表示を切り替えます。オプションで、表示するエントリ数を選択できます。

タイトル

Show a Title チェックボックスをオンにして、ウィジェットのカスタムタイトルを表示します。

オプションで、サイズと配置を定義できます。

API

分布ウィジェット専用のウィジェット JSON スキーマ定義は次のとおりです。

DISTIBUTION_SCHEMA = {
    "type": "object",
    "properties": {
        "type": {"enum": ["distribution"]},
        "requests": {
            "type":     "array",
            "items":    REQUEST_SCHEMA,
            "minItems": 1,
            "maxItems": 1
        },
        "title":   {"type": "string"},
        "show_legend": {"type": "boolean"}
    },
    "required": ["type", "requests"],
    "additionalProperties": false
}
パラメーター種類必須説明
typestringはいウィジェットのタイプ。分布ウィジェットには distribution を使用します。
requestsオブジェクトの配列はいウィジェットに表示する 1 つの request オブジェクトの配列。REQUEST_SCHEMA の作成方法については、リクエスト JSON スキーマに関するドキュメントを参照してください。
titlestringいいえウィジェットのタイトル。
show_legendbooleanいいえ(スクリーンボードのみ)このウィジェットのレジェンドを表示

request オブジェクトでは、以下のプロパティも使用できます。

{
  "style": {
    "type": "object",
    "properties": {"palette": {"type": "string"}},
    "additionalProperties": false
  }
}
パラメーター種類必須説明
style.palettestringいいえウィジェットに適用するカラーパレット。

その他の参考資料