補間
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

補間

フィル

関数説明
fill()メトリクスに欠落しているメトリクス値を補間します。<METRIC_NAME>{*}.fill(<METHOD>, <LIMIT>)

fill() 関数は 2 つのパラメーターを持ちます。

  • METHOD: 補間方法として使用する関数。以下から選択します。

    • linear: ギャップの最初から最後までを線形補間します。
    • last: ギャップの最後の値でギャップを埋めます。
    • zero: ゼロ値でギャップを埋めます。
    • null: 補間を無効にします。
  • LIMIT [*任意*、デフォルト=300最大=600]: 補間するギャップの最大サイズを表す補間制限 (秒単位)。

その他の関数