除外

除外

null を除外

関数 説明
exclude_null() グラフまたはトップリストから、タグの値に N/A を持つグループを削除します。 exclude_null(avg:system.load.1{*} by {host})

例:

たとえば、accountregion の 2 つのタグを持つメトリクスがあるとします。account には、3 種類の値 (prodbuildN/A)、region には 4 種類の値 (us-east-1us-west-1eu-central-1N/A) が指定される可能性があります。

このメトリクスを時系列としてグラフ化すると、3 x 4 = 12 行が作成されます。exclude_null() を適用すると、N/A の値を持つ すべての タグの組み合わせの行が削除されるため、2 x 3 = 6 グループになります。

クランプ

関数 説明
clamp_min() 閾値 以下 のメトリクス値を、その値と等しくなるように設定します。 clamp_min(avg:system.load.1{*}, 100)
clamp_max() 閾値 以上 のメトリクス値を、その値と等しくなるように設定します。 clamp_max(avg:system.load.1{*}, 100)

clamp_min() 関数と clamp_max() 関数は、1 つのパラメーターを持ちます。

  • THRESHOLD: 指定した閾値。
    • clamp_min() は、すべての閾値以下のデータポイントを、その値と等しくなるよう設定し、clamp_max() は閾値以上のデータポイントを制限します。

カットオフ

関数 説明
cutoff_min() 閾値 以下 のメトリクス値を削除します。 cutoff_min(avg:system.load.1{*}, 100)
cutoff_max() 閾値 以上 のメトリクス値を削除します。 cutoff_max(avg:system.load.1{*}, 100)

cutoff_min() 関数と cutoff_max() 関数は、1 つのパラメーターを持ちます。

  • THRESHOLD: 指定した閾値。
    • cutoff_min() は、閾値以下のすべてのメトリクス値をグラフから削除し、cutoff_max() は閾値以上のすべてのメトリクス値を削除します。

カットオフ関数では、閾値と同じ値は削除されません。

また、この関数で Datadog からのデータポイントが完全に削除されることはありません。視覚的に表示されなくなるだけです。この関数を無効にすると、データポイントが再度表示されます。

ヒント: クランプおよびカットオフ関数の両方において、選択した閾値を確認できると便利です。この値を表示するには、ダッシュボードに水平マーカーを設定します。

その他の関数