API リファレンス

API リファレンス

Datadog では HTTP REST API を採用しており、リソース指向 URL を使用して API を呼び出します。リクエストの成否はステータスコードで示し、すべてのリクエストに対して JSON オブジェクトを返します。この場合には標準 HTTP 応答コードが使用されます。Datadog API を使用すると、プログラムを通じて Datadog のプラットフォームにアクセスすることができます。

はじめに

API キーで API を認証します。これはエンドポイントとアプリケーションキーによって異なります。

API を実行するには、Postmanで実行

API の使用でエンドポイントについて説明しています。

: cURL コードの例は、BASH および GNU Core Utilities を使用することを想定したものです。macOS をお使いの場合は Homebrew package manager から Coreutils をダウンロードして、コマンド brew install coreutils でインストールできます。

クライアントライブラリ

デフォルトでは、Datadog API Docs には cURL で例が示されています。各エンドポイントの公式クライアントライブラリ言語から 1 つを選択すると、選択したライブラリのコード例を閲覧できます。各ライブラリをインストールするには、

Maven - この依存関係をプロジェクトの POM に追加します。

<dependency>
 <groupId>com.datadoghq</groupId>
 <artifactId>datadog-api-client</artifactId>
 <version>1.0.0</version>
 <scope>compile</scope>
</dependency>

Gradle - この依存関係をプロジェクトのビルドファイルに追加します。

compile "com.datadoghq:datadog-api-client:1.0.0"
pip install datadog
gem install dogapi
import "github.com/DataDog/datadog-api-client-go/api/<VERSION>/datadog"

: 使用するエンドポイントに応じて、<VERSION> を v1 または v2 に置き換えてください。

または、ライブラリディテクトリを参照します。


アプリケーションを使用して開始する場合は、一般向けの「はじめに」ドキュメントをご覧ください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: