Agent Flare の送信はこのサイトではサポートされていません。

フレアを使用すると、必要なトラブルシューティング情報を Datadog サポートチームに送信することができます。Datadog サイトから、または Datadog Agent のコマンドラインを使用してフレアを送信することができます。

フレアは Agent のすべての構成ファイルを収集し、1 つのアーカイブファイルに記録します。パスワード、API キー、プロキシ資格情報、SNMP コミュニティ文字列などの機密情報は削除されます。

Datadog Agent は完全にオープンソースなので、コードの動作を検証することができます。フレアは、アップロードの前に確認を求めるため、必要に応じて送信前にフレアを確認できます。

Datadog サイトからフレアを送信する

Datadog サイトからフレアを送信するには、Agent の Fleet Automationリモート構成が有効になっていることを確認してください。

To send a remote flare:

  1. From the Fleet Automation page, select an Agent that requires support.
  2. Click Support.
  3. Click Send Support Ticket.
  4. Provide an existing Zendesk support ticket number. If you don’t provide a ticket number, one is created on your behalf.
  5. Enable Debug mode to allow Datadog support staff to troubleshoot your issue faster. The log level is reset to its previous configuration after you send the flare.
  6. Click Send Ticket.
Send Ticket ボタンは、既存または新規のサポートチケットに対してフレアを送信するためのフォームを起動します

Agent コマンドラインからフレアを送信する

flare サブコマンドを使用してフレアを送信します。以下のコマンドで、<CASE_ID> を実際の Datadog サポートケース ID (ある場合) に置き換え、それに紐づけされているメールアドレスを入力します。

ケース ID がない場合は、Datadog へのログインに使用するメールアドレスを入力して新しいサポートケースを作成します。

アーカイブのアップロードを確認して、それを直ちに Datadog サポートに送信します

プラットフォームコマンド
Ansibledatadog-agent flare <CASE_ID>
Dockerdocker exec -it dd-agent agent flare <CASE_ID>
macOSdatadog-agent flare <CASE_ID> または Web GUI を使用
Fedorasudo datadog-agent flare <CASE_ID>
Mac OS Xsudo datadog-agent flare <CASE_ID>
ヘルプkubectl exec -it <POD_NAME> -- agent flare <CASE_ID>
Puppetsudo datadog-agent flare <CASE_ID>
Redhatsudo datadog-agent flare <CASE_ID>
Susesudo datadog-agent flare <CASE_ID>
ソースsudo datadog-agent flare <CASE_ID>
ログの収集Windowsに関する個別のドキュメントをご参照ください。
Red HatHerokuに関する個別のドキュメントをご参照ください。
PCFsudo /var/vcap/jobs/dd-agent/packages/dd-agent/bin/agent/agent flare <CASE_ID>

専用コンテナ

Agent v7.19 以降を使用し、Datadog Helm Chart を最新バージョンで使用するか、Datadog Agent と Trace Agent が別々のコンテナにある DaemonSet を使用する場合は、以下を含む Agent Pod をデプロイします。

  • Agent プロセスを含む 1 つのコンテナ (Agent + Log Agent)
  • process-agent プロセスを含む 1 つのコンテナ
  • trace-agent プロセスを含む 1 つのコンテナ
  • system-probe プロセスを含む 1 つのコンテナ

各コンテナからフレアを取得するには、次のコマンドを実行します。

ヘルプ

kubectl exec -it <AGENT_POD_NAME> -c agent -- agent flare <CASE_ID>

プロセスエージェント

kubectl exec -it <AGENT_POD_NAME> -c process-agent -- agent flare <CASE_ID> --local

トレースエージェント

kubectl exec -it <AGENT_POD_NAME> -c trace-agent -- agent flare <CASE_ID> --local

Security Agent

kubectl exec -it <AGENT_POD_NAME> -c security-agent -- security-agent flare <CASE_ID>

システムプローブ

system-probe コンテナはフレアを送信できないため、代わりにコンテナログを取得します:

kubectl logs <AGENT_POD_NAME> -c system-probe > system-probe.log

ECS Fargate

ECS Fargate プラットフォーム v1.4.0 を使用する場合、Amazon ECS Exec を有効にすることで、実行中の Linux コンテナへのアクセスを許可するように ECS タスクとサービスを構成できます。構成が完了したら、次のコマンドを実行してフレアを送信します。

aws ecs execute-command --cluster <CLUSTER_NAME> \
    --task <TASK_ID> \
    --container datadog-agent \
    --interactive \
    --command "agent flare <CASE_ID>"

注: ECS Exec は、新しいタスクに対してのみ有効にできます。ECS Exec を使用するには、既存のタスクを再作成する必要があります。

プラットフォームコマンド
Dockerdocker exec -it dd-agent /etc/init.d/datadog-agent flare <CASE_ID>
macOSdatadog-agent flare <CASE_ID>
Fedorasudo service datadog-agent flare <CASE_ID>
Mac OS Xsudo service datadog-agent flare <CASE_ID>
ヘルプkubectl exec <ポッド名> -it /etc/init.d/datadog-agent flare <ケース_ID>
Puppetsudo service datadog-agent flare <CASE_ID>
Redhatsudo service datadog-agent flare <CASE_ID>
ソースからsudo service datadog-agent flare <CASE_ID>
ソースsudo ~/.datadog-agent/bin/agent flare <CASE_ID>
ログの収集Windowsに関する個別のドキュメントをご参照ください。

メモ: Linux ベースのシステムを使用していて service ラッパーコマンドを使用できない場合は、代替手段の一覧をご参照ください。

プラットフォームコマンド
ヘルプkubectl exec -n <NAMESPACE> -it <CLUSTER_POD_NAME> -- datadog-cluster-agent flare <CASE_ID>
Cloud Foundry/var/vcap/packages/datadog-cluster-agent/datadog-cluster-agent-cloudfoundry flare -c /var/vcap/jobs/datadog-cluster-agent/config <CASE_ID>

手動送信

Agent フレアプロトコルは、コンフィギュレーションとログをまずローカルの /tmp ディレクトリにあるアーカイブファイルに収集します。 Agent のデータ収集に問題がある場合は、このファイルを手動で取得してサポートに送信してください。

ヘルプ

Kubernetes でアーカイブファイルを取得するには、kubectl コマンドを使用します。

kubectl cp datadog-<pod-name>:tmp/datadog-agent-<date-of-the-flare>.zip flare.zip -c agent

その他の参考資料