デバッグモード
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

デバッグモード

Agent

Agent のフルデバッグモードを有効にするには

  1. ローカル datadog.yaml ファイルを変更します。各 OS 固有の詳細については、[Agent の主な構成ファイル][8]をご参照ください。

  2. # log_level: INFOlog_level: DEBUG に置き換えます (# を削除してコメントを解除します)。

  3. Datadog Agent を再起動します。各 OS 固有の詳細については、Agent コマンドをご参照ください。

  4. ログが生成されるまで数分待ちます。各 OS 固有の詳細については、Agent ログファイルをご参照ください。

  1. ローカル datadog.conf ファイルを変更します。各 OS 固有の詳細については、Agent の主な構成ファイルをご参照ください。

  2. # log_level: INFOlog_level: DEBUG に置き換えます (# を削除してコメントを解除します)。

  3. Datadog Agent を再起動します。各 OS 固有の詳細については、Agent コマンドをご参照ください。

  4. ログが生成されるまで数分待ちます。各 OS 固有の詳細については、Agent ログファイルをご参照ください。

コンテナ化された Agent

Agent が起動したら DD_LOG_LEVEL=debug 環境変数を設定します。

コンテナが既に実行されている場合

  1. プロセスが S6 によって再起動しないように、次を実行します。

    rm /var/run/s6/services/agent/finish

  2. Agent を停止します。

    s6-svc -d /var/run/s6/services/agent/
  3. 次を実行して、Agent をデバッグログレベルで再起動します。

    DD_LOG_LEVEL=debug agent start

Agent がコンテナ内で実行されている場合、service datadog-agent restart (または同様のコマンド) では、Docker によってコンテナが強制終了されるため、Agent を再起動できません。コンテナ化 Agent を再起動するには、スーパーバイザーを使用します。

/opt/datadog-agent/bin/supervisorctl -c /etc/dd-agent/supervisor.conf restart all

次のコマンドは、デバッグログを有効にし、次に Agent を再起動し、次に 60 秒待機し、最後にフレアを送信します。

sed -i '/\[Main\]/a LOG_LEVEL=DEBUG' /etc/dd-agent/datadog.conf
/opt/datadog-agent/bin/supervisorctl -c /etc/dd-agent/supervisor.conf restart all
sleep 60
/etc/init.d/datadog-agent flare <CASE_ID>

デバッグログは次のコマンドで無効にできます。

sed -i '/LOG_LEVEL=DEBUG/d' /etc/dd-agent/datadog.conf
/opt/datadog-agent/bin/supervisorctl -c /etc/dd-agent/supervisor.conf restart all

または、コンテナを再起動します。

Agent のログレベル

log_level または DD_LOG_LEVEL には、以下の Agent ログレベルを使用可能です。

オプションクリティカルログエラーログ警告ログ情報ログデバッグログトレースログ
'OFF'
'CRITICAL'
'ERROR'
'WARN'
'INFO'
'DEBUG'
'TRACE'

: コンフィギュレーションファイルでログレベルを 'OFF' に設定する場合、値が不適切に解析されないように引用符を使用します。他のログレベルでは、引用符はオプションです。

その他の参考資料