Agent チェックのステータス
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

Agent チェックのステータス

特定の Agent チェックで問題が発生している場合は、OS で次のコマンドを使用してトラブルシューティング情報を取得してください。

Linux

Agent チェックをテストするには、次を実行します。

sudo -u dd-agent datadog-agent check <チェック名>

レートメトリクスを含める場合は、コマンドに --check-rate を追加します。Agent v6.x の場合は、次を実行します。

sudo -u dd-agent datadog-agent check <チェック名> --check-rate
sudo -u dd-agent dd-agent check <チェック名>

レートメトリクスを含める場合は、コマンドに --check-rate を追加します。Agent v6.x の場合は、次を実行します。

sudo -u dd-agent dd-agent check <チェック名> --check-rate

問題が続く場合は、フレアDatadog のサポートチームにご連絡ください。

Windows

適切な <CHECK_NAME> で次のスクリプトを実行します。

Agent バージョン >= 6.12 の場合

%PROGRAMFILES%\Datadog\Datadog Agent\bin\agent.exe check <チェック名>

Agent バージョン < 6.11 の場合

%PROGRAMFILES%\Datadog\Datadog Agent\embedded\agent.exe check <チェック名>

Datadog Agent エージェントをインストールすると、Program Files ディレクトリに shell.exe ファイルが生成されますこのファイルを使用して、Agent 環境内で Python を実行できます。チェック (名前 &lt;CHECK_NAME&gt;) が書き込まれ、正しい場所に .py ファイルと .yaml ファイルがある場合は、shell.exe で以下を実行します。

from checks import run_check
run_check('<チェック名>')

これで、このチェックが返したすべてのメトリクスまたはイベントが出力されます。

適切な <CHECK_NAME> で次のスクリプトを実行します。

<INSTALL_DIR>/embedded/python.exe <INSTALL_DIR>agent/agent.py check <CHECK_NAME>

たとえば、ディスクチェックを実行するには、次を実行します。

C:\Program' 'Files\Datadog\Datadog' 'Agent\embedded\python.exe C:\Program' 'Files\Datadog\Datadog' 'Agent\agent\agent.py check disk

Systemd

systemd を使用するシステムでは、journalctl を使用してデバッグをサポートできます。

次のコマンドは、Datadog Agent のステータスを表示します。

sudo systemctl status datadog-agent

Agent が起動に失敗し、詳細な情報が提供されない場合は、次のコマンドを使用して、Datadog Agent サービスのすべてのログを表示します。必要に応じて、-r を使用して逆順でログを出力します。

sudo journalctl -u datadog-agent.service

次のコマンドは、Datadog Agent のステータスを表示します。

sudo systemctl status dd-agent

Agent が起動に失敗し、詳細な情報が提供されない場合は、次のコマンドを使用して、Datadog Agent サービスのすべてのログを表示します。必要に応じて、-r を使用して逆順でログを出力します。

sudo journalctl -u dd-agent.service

その他の参考資料