ユーザー管理
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

ユーザー管理

Datadog の User Management セクションでは、ユーザーとそのユーザーに関連付けられたロールを管理できます。リストビューとグリッドビューを切り替えるには、右側の List View または Grid View をクリックします。

新しいメンバーの追加と招待の管理

オーガニゼーションにメンバーを追加するには

  1. User Management ページに移動します。
  2. ページ右上隅 Invite Users をクリックします。
  3. Datadog アカウントに招待するユーザーのメールアドレスを入力します。
  4. ユーザーに 1 つ以上のユーザーロールを割り当てます。 : Invite User アクセス許可を持つユーザーは、自分が持っているロールにユーザーを招待できます。Invite User と Access Management の両方のアクセス許可を持つユーザーは、ユーザーをあらゆるロールに招待できます。
  5. Send Invites をクリックします。

新規ユーザーにログイン用のリンクが記載されたメールが送信されます。新規ユーザーがログインするまで、ステータスは Invite Pending と表示されます。ログインする前に招待をキャンセルするには、リストビューの場合ユーザーの行の右にある、グリッドビューの場合ユーザーボックスにある、Delete Invite ボタンを選択します。

リストビューで招待状を再送信するには、ユーザーをクリックしユーザーサイドパネルを開き、Resend Inviteをクリックします。

グリッドビューでユーザーボックスにカーソルを合わせ、Resend Invite をクリックします。

ユーザーのロールを編集する

Datadog Admin Role などの Access Management アクセス許可を持つユーザーのみが他のユーザーのロールを変更できます。

  1. User Management ページに移動します。
  2. ユーザーの行の右にある Edit ボタンを選択します。
  3. このユーザーに割り当てる新しいユーザーロールを選択します。
  4. Save をクリックして新しい設定を保存します。

利用可能なロールの一覧と、カスタムロールの作成方法についてはロールベースのアクセス制御のドキュメントを参照してください。

既存のメンバーを無効にする

メンバーを無効にできるのは、Datadog Admin Role を持つユーザーなど、Access Management アクセス許可を持つユーザーのみです。ユーザーがダッシュボードまたはモニターを作成した可能性があるため、ユーザーを完全に削除することはできません。ユーザー ID は、ユーザーのアクションの記録を保持するために使用されます。ユーザーが無効になると、ユーザーが生成したアプリケーションキーは自動的に取り消されます。

  1. User Management ページに移動します。
  2. ユーザーの行の右にある Edit ボタンを選択します。
  3. Disable トグルをクリックします。
  4. Save をクリックして新しい設定を保存します。
  5. アクションを確認します。

: デフォルトでは、無効化されたユーザーは User Management ページのユーザー一覧から除外されます。

その他の参考資料