OAuth Apps

概要

Organization SettingsOAuth Apps 管理ページでは、アプリケーションに付与されたスコープや権限、アクセスを許可されたユーザーなど、組織の OAuth アプリケーションを管理し可視化することができます。

Datadog の OAuth Apps 管理ページ

セットアップ

アクセス許可

デフォルトでは、Datadog Standard ロールおよび Datadog Admin ロールを持つユーザーは、OAuth Apps の管理ページにアクセスできます。組織でカスタムロールが定義されている場合、ユーザーを org_authorized_apps_readorg_authorized_apps_write アクセス許可を持つ任意のカスタムロールに追加してください。

Datadog Admin ロールまたは org_authorized_apps_write アクセス許可を持つユーザーのみが、このページで OAuth アプリケーションを管理することができます (アプリケーションの無効化やユーザーの OAuth アクセス権の取り消しなど)。

Enable

有効化された OAuth アプリケーションでは、必要なアクセス許可を持つユーザーが、自分に代わってアクセスを承認することができます。OAuth アプリケーションには、Datadog モバイルアプリと、OAuth API Access を持つカスタムの Datadog Apps が含まれます。

Disable

アプリケーションの OAuth アクセスを無効にすると、組織内のすべてのユーザーからこのアプリケーションへのアクセスが無効になります。アプリケーションはインストールされたままですが、ユーザーはそのアプリケーションを使用できなくなり、認証しようとするとエラーが表示されます。

OAuth Apps の管理ページからアプリケーションを無効化する方法は、2 つあります。

  1. アプリ一覧でアプリケーションにカーソルを合わせると、行の右側に Disable ボタンが表示されます。

    アプリ一覧の Disable ボタン

  2. アプリケーションをクリックして、アプリケーションの詳細表示を開き、Disable Application ボタンをクリックします。

    アプリの詳細ビューの Disable ボタン

: 再有効化した場合、以前アプリケーションを許可したユーザーは、アクセスを回復するためにアプリケーションを再許可する必要があります。

アクセスの取り消し

あるアプリケーションに対するユーザーの OAuth アクセスを取り消すと、そのアプリケーションへのアクセスがすべて削除されます。ユーザーがアプリケーションを認可するのに必要なアクセス許可を持っている場合は、再認可することでアクセスを回復できます。

アプリの詳細ビューの Disable ボタン

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: