AWS インテグレーションの請求

概要

Datadog では、Datadog Agent を実行している AWS ホスト、および Datadog-AWS インテグレーションによって使用されるすべての EC2 インスタンスに対して課金が発生します。AWS インテグレーションによって使用される EC2 インスタンスで Agent を実行している場合に、二重に課金されることはありません

重要: Datadog は EC2 インスタンスのメタデータを使用して、Agent を実行しているホストと AWS インテグレーションによってクロールされているホストの両方に対して二重請求が行われないようにします。EC2 インスタンスが Instance Metadata Service Version 2 (IMDSv2) の使用を必要とするように構成されている場合、二重請求を避けるために、Agent 構成でパラメーター ec2_prefer_imdsv2true に設定しなければなりません。

Fargate と Lambda のインテグレーションタイル、およびカスタムメトリクスを設定すると、Datadog の請求に影響します。

ELB、RDS、DynamoDB などの他の AWS リソースは、インフラストラクチャーの月額請求に含まれず、構成除外も適用されません。

AWS リソースの除外

一部のサービスに対して収集する AWS メトリクスを、特定のリソースに限定することができます。Datadog-AWS インテグレーションページで、AWS アカウントを選択し、Metric Collection タブをクリックします。次に、Limit Metric Collection to Specific Resources で、EC2、Lambda、ELB、Application ELB、Network ELB、RDS、SQS、CloudWatch カスタムメトリクスのうち 1 つまたは複数に対するメトリクスを除外することが可能です。

Datadog AWS インテグレーションページ内の AWS アカウントのメトリクス収集タブ。AWS サービスを選択するドロップダウンメニューと key:value 形式でタグを追加するフィールドで、特定のリソースにメトリクス収集を制限するオプションが表示されている

また、API を利用して AWS のメトリクスを制限することも可能です。

: Datadog の請求対象となるのは、EC2 (ホスト)、Lambda (アクティブ関数)、CloudWatch Custom Metrics (カスタムメトリクス) のみです。フィルターできる他のサービスのためにインテグレーションされたメトリクスは、Datadog の課金対象にはなりません。

EC2

EC2 メトリクスリソースの除外設定は、EC2 インスタンスとアタッチされた EBS ボリュームの両方に適用されます。インテグレーションページで既存の AWS アカウントに制限を追加した場合は、それまでに検出されたインスタンスがインフラストラクチャーリストに最長 2 時間残る可能性があります。移行期間中、EC2 インスタンスのステータスは ??? と表示されます。これは課金の対象外です。

Agent が稼働しているホストはまだ表示され、請求に含まれます。limit オプションを使用して、AWS からの aws.ec2.* メトリクス収集を制限し、AWS リソース EC2 インスタンスホストを制限します。

次のフィルターは、datadog:no タグを含む EC2 インスタンスをすべて除外します。

!datadog:no

次のフィルターは、datadog:monitored タグ、または env:production タグ、または c1.* 値を持つ instance-type タグを含み、region:us-east-1 タグを含まない EC2 インスタンスからのみメトリクスを収集します。

datadog:monitored,env:production,instance-type:c1.*,!region:us-east-1

: Datadog では、大文字は小文字に変換され、スペースはアンダースコアに置換されます。たとえば、Team:Frontend App タグを含む EC2 インスタンスからメトリクスを収集する場合、Datadog で適用されるタグは team:frontend_app になります。

Kinesis Data Firehose を使用した CloudWatch メトリクスストリーム

オプションとして、デフォルトの API ポーリングメソッドを使用する代わりに、Kinesis Data Firehose を使用して CloudWatch メトリクスを Datadog に送信することができます。組織が Kinesis Data Firehose を使用した CloudWatch メトリクスストリームの方法を利用している場合、Datadog AWS インテグレーションページで定義されている AWS リソースの除外ルールは適用されません。各 AWS アカウントについて、AWS コンソール内の CloudWatch メトリクスストリーム設定で、メトリクスのネームスペースや特定のメトリクス名の含除ルールを全て管理する必要があります。

ヘルプ

技術的な質問については、Datadog のサポートチームにお問い合わせください。

請求に関するご質問は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。