トレースビュー
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

トレースビュー

個々のトレースを表示して、そのスパンおよび関連するメタデータをすべて表示します。各トレースは、フレームグラフまたは(サービスまたはホストごとにグループ化された)リストとして表示できます。

実行時間の内訳を計算し、サービス または ホスト のいずれかで配色を調整します。

フレームグラフの詳細を見るには、スクロールしてズームインします。

リストビューでは、リソースサービスごとに総計され、対応するスパンカウントに従ってソートされます。サービスは、各サービスのトレースによって費やされる実行時間の相対的な割合によりソートされます。

25

詳細

フレームグラフのスパンをクリックして、グラフの下にメタデータを表示します。エラーが出る場合、スタックトレースが提供されます。

エラーを報告するトレースを分析している場合、特別な意味のタグ規則に従うと、特定のエラー表示が出ます。トレースを送信する際に、属性を meta パラメーターに追加できます。

一部の属性には、Datadog 専用の表示または特定の動作につながる特別な意味があります。

属性説明
sql.query特定の SQL クエリフォーマットを許可し、Datadog の UI に表示します。
error.msg専用のエラーメッセージを表示します。
error.type専用のエラータイプを表示します。利用可能なタイプには、たとえば、Python の ValueError または Exception や、Java の ClassNotFoundException またはNullPointerException があります。
error.stackDatadog の UI(赤いボックスなど)で例外のスタックトレースをより適切に表示できます。

トレース時間にまつわるホストタグやグラフなど、トレースに関連するホスト情報を表示します。

トレース時にサービスに関連するログを参照します。ログにカーソルを合わせると、そのタイムスタンプを示すラインがトレースフレームグラフに表示されます。ログをクリックすると、ログエクスプローラー検索が表示されます。

サービスのスパンをクリックすると、基礎インフラストラクチャーで実行中のプロセスを確認できます。サービスのスパンプロセスは、リクエスト時にサービスが実行されているホストまたはポッドと相関関係にあります。CPU および RSS メモリなどのプロセスメトリクスをコードレベルのエラーとともに分析することで、アプリケーション特有の問題かインフラストラクチャーの問題かを見分けることができます。プロセスをクリックすると、ライブプロセス ページが開きます。スパン固有のプロセスを表示するには、プロセスの収集を有効にします。現在、関連するプロセスはサーバーレスおよびブラウザのトレースでサポートされていません。

その他の参考資料