サービス一覧画面
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

サービス一覧画面

概要

アプリケーションをインスツルメントすると、レポーと作成サービスAPM サービスページに表示されます。このサービス一覧画面では、インフラストラクチャーのレポート作成を行うすべてのサービスを俯瞰で確認することができます。 個々のサービスを選択すると、詳細なパフォーマンスインサイトが表示されます。詳しくは、サービスのドキュメントを参照してください

サービスリストのフィルタリング

次を使用して、サービスリストをフィルタリングします。

サービスタイプ

アプリケーションによって監視されるすべてのサービスは、”Type” に関連付けられます。このタイプは、スパンにアタッチされる span.type 属性に基づき、Datadog が自動的に判断します。”Type” によって、Datadog Agent がインテグレーションしているアプリケーションやフレームワークの名前が特定されます。

たとえば、Flask の公式インテグレーションを使用している場合は、”Type” が “Web” にセットされ、カスタムアプリケーションを監視している場合は、”Type” が “Custom” にセットされます。

サービスのタイプは次のいずれかに設定されます。

  • Cache
  • Custom
  • DB
  • Web

また、たとえば Postgre、MySQL、Cassandra のインテグレーションでは、エイリアスが Type: “DB” にマッピングされ、Redis や Memcache のインテグレーションでは Type: “Cache” にマッピングされます。

サービスの色の変更

トレースを可視化するために、サービスの色が使用されます。サービスの色を選んで変更することができます。

列の選択

サービス一覧画面に表示するものを選択します。

  • Requests: トレースされたリクエストの合計量(1 秒あたり)
  • Avg/p75/p90/p95/p99/Max Latency: トレースされたリクエストの平均/p75/p90/p95/p99/最大レイテンシー
  • Error Rate: トレースされたリクエストのうち、エラーで終了した量(1 秒あたり)
  • Apdex: サービスの Apdex スコア。Apdex の詳細
  • Monitor status: サービスにアタッチされたモニターのステータス

その他の参考資料